×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索


class Xml : Members
memberType説明
attribute Attribute 名前と値からXmlAttributeを作成する
attribute Attribute 指定されたネームスペースに於いて名前と値からXmlAttributeを作成する
element XmlElement 名前と子の値からXmlElementを作成する
element XmlElement 指定されたネームスペースに於いて名前と子の値からXmlElementを作成する
parse XmlDocument 文字列として指定されたXmlコンテンツからXmlDocumentを返す
parseJS XmlDocument Short Handのガイドラインに従って構成されたJavaScriptの配列を指定するとXmlDocumentの表示を返す:詳しくはこれについての詳細を記述したドキュメントを参照


method attribute(name, value)

  • 名前と値からXmlAttributeを作成する
Arguments :
nameType説明
nameString 属性の名前
valuevar この属性の値(一般的にはStringかint)
戻り値 :
Type説明
XmlAttribute XmlAttribute


method attribute(namespaceUrl,name, value)

  • 指定されたネームスペースに於いて名前と値からXmlAttributeを作成する
Arguments :
nameType説明
namespaceUrlString 属性のネームスペースを定義するURL
nameString 属性の名前
valuevar この属性の値(一般的にはStringかint)
戻り値 :
Type説明
XmlAttribute XmlAttribute


method element(name, children)

  • 名前と子の値からXmlElementを作成する
Arguments :
nameType説明
nameString 要素の名前(Xmlタグ)
children[ ] この要素の子:String, XmlElement, XmlAttribute などで組み立てられた配列
戻り値 :
Type説明
XmlElement XmlElement


method element(namespaceUrl, name, children)

  • 名前と子の値からXmlElementを作成する
Arguments :
nameType説明
namespaceUrlString 要素のネームスペースを定義するURL
nameString 要素の名前(Xmlタグ)
childrenChildren[ ] この要素の子:String, XmlElement, XmlAttribute などで組み立てられた配列
戻り値 :
Type説明
XmlElement XmlElement


method parse(xmlContent, optLenient)

  • 文字列として指定されたXmlコンテンツからXmlDocumentを返す
    XmlDocumentはXMLコンテンツをナビゲートするための機能を提供する:特にSOAPサービスやUrlFetchサービスで使用する場合に便利
Arguments :
nameType説明
xmlContentString Xmlを含む文字列
optLenientbool 'lenient'の解析を示すオプションフラグを使用する必要がある:HTMLを解析するのに有用
戻り値 :
Type説明
XmlDocument XmlDocument オブジェクト


method parseJS(shortHand)

  • Short Handのガイドラインに従って構成されたJavaScriptの配列を指定するとXmlDocumentの表示を返す:詳しくはこれについての詳細を記述したドキュメントを参照
Arguments :
nameType説明
shortHandshortHand [ ] 作成されるべきXmlDocumentを完全に記述した xml short hand
戻り値 :
Type説明
XmlDocument XmlDocument オブジェクト