×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> 概要


Google Apps Script の概要

Google.Apps.ScriptはJavaScriptで構成されたクラウド用スクリプト言語です。この言語を拡張してWebアプリケーションを構築できます。

スクリプトはブラウザベースのスクリプトエディタで開発し、Googleサーバーに格納すれば実行できる非常に汎用性のある言語です。

Google.Apps.Scriptを使ってできる例を簡単に示します。

  • Google.Spreadsheet内にカスタム(ユーザー)関数を作成できます。
  • スクリプトにリンクしたカスタムメニューを作成してGoogle.Apps.productsを拡張できます。
  • Google.Site内に埋め込まれたWebアプリケーションを作成・発行することができます。
  • レポートの作成と配布などのスケジュール化されたタスクをカスタムスケジュールにしたがって実行できます。
  • 文書や経費承認、受注処理、タイムトラッキングなどのワークフローを自動化できます。

  • 参照ページ(Goolge)

さらに多くのサンプルは「スクリプトの実行方法」「チュートリアル」に掲載されています。


WWW GoogleStyle


開発環境

スクリプトの開発はすべてブラウザーだけで可能です。スクリプトエディタにはファイル管理、プロジェクト管理、 スクリプトライブラリー、デバッグなど必要なものがそろっています。

このため、Google.Apps.Scriptを運用するためにクライアントライブラリーやサーバーを特別にインストール必要はありません。
スクリプトエディタはhttp://script.google.comで直接アクセスできます。

しかし、通常はGoogle.SpreadsheetsやGoogle.SitesなどGoogle 製品にビルトインサポートされているスクリプトエディタを起動するだけです。

このドキュメント(Google.Apps.Script.Documentation)では、アクセス権を持つこれらのビルトイン製品について述べることになります。 詳細についてはドキュメントの「プロジェクトの管理」の項を参照してください。


下はスクリプトエディタに装備されている各メニュータブを開いたときのイメージです。



前提条件

Google.Apps.Scriptの利用に必要な条件を説明します。

まずGoogle.AccountまたはGoogle.Apps.Account(違いについてはFAQで--アクセス後に日本語設定してください)を取得することです。 そしてブラウザと基本的なJavaScriptの知識です。

もしJavaScriptが初体験ならば、これについてのReferenceGuideを備えているMDN's.JavaScript.wikiを参照するとよいでしよう。ただし、これらの情報は Googleが作成したものではなく、Googleとの関係はありません。

2012-10-14


pageTOP