×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの実行 >> スクリプトエディタ | カスタム関数 | Web Apps | ガジェット | コンテナの拡張 | 時間駆動トリガー | コンテナ固有トリガー |


時間駆動トリガー


WWW GoogleStyle


時間駆動トリガー

タイムドリブントリガーは指定時刻または指定された時間間隔のいずれかでスクリプトを実行するような機能です。これを使用する例としては次のようなものがあります。 毎週スプレッドシートからデータを取り出し、レポートにして連絡先へ送信する場合がそれです。
トリガーを設定する方法の詳細については、時間駆動トリガーの使用法を参照してください。



権限と時間駆動トリガー

時間駆動型のトリガーはプライベートです。つまり、トリガーをインストールするには少なくともスクリプトに対して読み取り権限が必要です。 言い換えれば、ユーザーがスクリプトエディタを開くことができなければいけません。
スクリプトが共有されているかどうかに関わらず、トリガーの共有はできません。 スクリプトがトリガーされたとき、アクティブユーザーよりは上位のトリガーの所有者(トリガーをインストールした人)のIDの下で実行されます。


2012-10-16


pageTOP