×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの公開 >> Chrome Web Store | Gallery


Galleryに公開する

便利なスクリプトが作成されたら、ユーザーはどのようにそれらを手に入れるのでしょうか。
スクリプトギャラリーはGoogle.Apps.Scriptに組み込まれているディストリビューションのメカニズムです。 スクリプトの公開と、数回のクリックでそれらをインストールできます。

現時点のギャラリーは、Googleスプレッドシート内からのみ利用可能です。

WWW GoogleStyle


公開スクリプトを準備する

ギャラリーにスクリプトを公開するということは、それを世界中に公開することを意味します。そこで、コードの公開準備が整っているかどうかを確認することには十分意味があるでしょう。 以下のヒントに従えば、スクリプトがギャラリー内に正しく掲載されていることを素早く確認できます。



Galleryにスクリプトを公開する

Galleryでスクリプトを公開するときは下の手順に従ってください。

  1. スクリプトがスクリプトエディタにロードされたら、メニューバーのPublish > Publish to Galleryをクリックします。
  2. スクリプトの名前と説明を記入して下さい。既にギャラリーで使用されていない名前を選ぶ必要があります。カテゴリを選択して、必要に応じてスクリプトの詳細情報を提供するWebサイトへのリンクを設けます。

  3. スクリプトを公開するために”Publish”ボタンをクリックします。
  4. スクリプトは承認のために送信されて、ギャラリーでスクリプトを参照するときに使用されるID番号がダイアログによって提示されます。

公開されるものは

プロジェクトの一部のアウトラインが公開されています。

リソース公開?
Code
YES
GUI Builder Components
YES
User Properties
NO
Project/Script Properties
NO
Triggers
Some (see below)

一般的にギャラリー内では、プロジェクトで設定したトリガーがスクリプトと一緒に公開されることはありません。しかし、シンプルなイベントのトリガーは自動的に関数の命名規則に基づいて作成されるので、スクリプトがインストールされた後に再度作成されます。 onInstall()イベントハンドラとスクリプトサービスは、スクリプトがインストールされた後に追加のトリガを作成するために使用することができます。

再公開

スクリプトが公開されると、それがギャラリーにコピーされます。そして、それがインストールされたときには、ユーザーのスプレッドシートに再びコピーされます。 これは、掲載後にインストールした人のプロジェクトを壊すことなく元のスクリプトの編集ができることを意味しています。このため、新しい機能を追加したり、バグを修正することに心配は要りません。

動作が完全ならば、最初にそれを公開したときと同じ手順に従ってスクリプトを再発行することができます。ギャラリーでは、一度スクリプトの或るバージョンをサポートしていたので、既存のスクリプトを上書きしてしまう警告が表示されます。 また、スクリプトが再承認されるまで、一時的に再公開スクリプトが削除されてしまうことに注意してください。



Galleryからスクリプトをインストールする

ギャラリーからスクリプトをインストールするときは下の手順に従ってください。

  1. メニューバーからTools > Script gallery...を選択します。
  2. 目的のスクリプトを見つけるために、左のカテゴリをブラウズするか検索ボックスを使用します。
  3. スプレッドシートにインストールするためにスクリプトの隣にあるInstallボタンをクリックします。
  4. スクリプトの認可をリクエストするダイアログが表示されます。これは、スクリプトが実行されるアクティビティの種類を示します。これらのアクセス権を付与してスクリプトを続行するには、承認ボタンをクリックします。
  5. スクリプトがどのサービスを利用するかによって、付加的なアクセスを必要とする別のダイアログボックスが表示されます。この手順を完了するためのGrant.access(アクセスを許可)ボタンをクリックします。

これでスクリプトはスプレッドシートにインストールされました。スクリプトの動作に応じて、スプレッドシート機能、メニュー項目、または自動動作を追加している場合があります。

スクリプトをインストールするとスプレッドシートにスクリプトのコピーをすることに注意してください。ユーザーがスクリプトを閲覧したり、ニーズに合わせてカスタマイズすることが許されます。 スクリプトへは、メニューバーからTools > Script editor...と選択すればアクセスできます。



2012-11-11

pageTOP