×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの実行 >> スクリプトエディタ | カスタム関数 | Web Apps | ガジェット | コンテナの拡張 | 時間駆動トリガー | コンテナ固有トリガー |


スクリプトの実行

スクリプトを実行する方法は、統合や相互の利用によって幾通りかの異なるタイプが可能です。
それぞれの利用可能な方法は、詳細情報へのリンクのある以下に概説されています。さらに、各実行メソッドの権限の内訳は、Scripts and Google Accountsのページに記載されています。


WWW GoogleStyle


スクリプトエディタからの実行

スクリプトはスクリプトエディタからRunメニューまたは、ボタンバーのPlayボタンからダイレクトに実行することができます。 また、この方法は実行回数が頻繁ではなく、ユーザーの介入を要求されないものには理想的な方法です。新規のスクリプトを作成したり、既存のスクリプトのトラブルシューティングに便利です。

詳細 From the Script Editor


スプレッドシートのカスタム関数

スクリプトはカスタムスプレッドシート関数として定義することもできます。この場合スプレッドシートが開いているか、セルの再評価がされるたびに実行されます。 セットされたセルに値を返したり、制限されていない特定のデータやサービスにアクセスすることが可能です。

詳細 Custom Functions in Spreadsheets



Web Apps

インタラクティブなWebアプリは、URLのみを使用してアクセスされるGoogle Appsスクリプトを利用して構築することができます。ユーザーインターフェイスはシンプルなコンポーネント、ドラッグアンドドロップ式エディタ、またはHTMLおよびJavaScriptを使用して作成します。 Webアプリはさまざまな方法で展開することができ、これはコンシューマー向けおよび企業向けの両方で可能です。

詳細 Web Apps



Google Sitesのガジェット

スクリプトを利用したWebアプリをGoogle Siteに埋め込むことが可能です。この実行方法は上記の[Web Apps]と非常に似ています。

詳細 Gadgets in Sites



コンテナの拡張

スクリプトは、カスタムメニュー、ダイアログ、および動作を追加することでGoogleの製品のデフォルトの機能を拡張するために使用することができます。 これらのスクリプトは、コンテナ内からユーザーによって実行され、いくつかの制限付きで動作します。

詳細 Container Extensions



時間駆動トリガー

時間駆動のトリガーを利用すればスクリプトを定期的に実行することができます。これは、(モニタリング)監視、クリーンアップ、または他のユーザーに依存しないタスクに便利です。

詳細 Time-Driven Triggers



コンテナ固有トリガー

コンテナはしばしば、スクリプトをトリガーするために利用されて追加のイベントを提供することができます。これは、ユーザーがアクションを実行するときに自動的に実行されるカスタム機能を可能にします。

詳細 Container-Specific Triggers

2012-10-14

pageTOP