×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの実行 >> スクリプトエディタ | カスタム関数 | Web Apps | ガジェット | コンテナの拡張 | 時間駆動トリガー | コンテナ固有トリガー |


スクリプトエディタからの実行

スクリプトの開発者であれば、スクリプトエディタから直接実行したいと思うことが時々あるでしょう。
実際、次のような場合はスクリプトエディタから実行するのがもっとも簡単です。

    • 開発期間
    • スクリプトの試験期間
    • 問題点のデバッグ期間
    • 自身で実行する場当たり的なシンプルなユティリティスクリプト

  • 参照ページ(Goolge)

WWW GoogleStyle


スクリプトエディタからの実行

スクリプトエディタから実行する場合には二つのオプションがあります。
  1. Runから実行したい関数の名前を選択して実行します。
  2. ツールバーのセレクトボタンから実行したい関数の名前を選択し、Runアイコンをクリックします。

スクリプトエディタから直接スクリプトを実行すると、アクティブなユーザー(あなた)として動作します。

2012-10-14


pageTOP