×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの実行 >> スクリプトエディタ | カスタム関数 | Web Apps | ガジェット | コンテナの拡張 | 時間駆動トリガー | コンテナ固有トリガー |


コンテナの拡張

ユーザインタフェース要素を追加することにより、特定のGoogle製品を拡張するためのスクリプトを書くことができます。 いつ、どこでもこの要素がクリックされればGoogle.Apps.Scriptの機能が実行されます。


WWW GoogleStyle


スプレッドシートのカスタムメニュー項目

Google Apps Scriptでスクリプトを作成すれば、Google Spreadsheetsのメニューバーのメニュー項目を追加・編集できます。一般的にはスプレッドシートを開いたときにカスタムメニューが表示されてほしいものです。 これを実現するためにはスクリプト内でonOpen機能を利用します。このonOpen機能からスプレッドシートへカスタムメニューの追加を実行させます。

下の例ではメニューバーにSurprisesという項目を追加しています。メニューにはSurprise1Surprise2の2つの項目があります。 このサンプルの場合は、メニュー項目のいずれかを選択するとメッセージボックスがポップアップ表示されるだけです。


function
onOpen() {
var
ss =
SpreadsheetApp.
getActiveSpreadsheet();
// These are the 2 menu entries
var
menuEntries = [ {name:
"Surprise 1"
, functionName:
"menuItem1"
}, {name:
"Surprise 2"
, functionName:
"menuItem2"
} ];
// After defining the menu entries, then you define the menu itself
ss.addMenu(
"Surprises"
, menuEntries); }
function
menuItem1() {
Browser.
msgBox(
"You clicked Surprise 1 on the menu!"
); }
function
menuItem2() {
Browser.
msgBox(
"Surprise! Surprise! You clicked Surprise 2."
); }

スプレッドシート内のカスタムメニューは下のようになります。



スプレッドシート内の図面を利用する

スプレッドシート内に図面を挿入してGoogle Apps Scriptの関数を割り当てることができます。そして、この関数はユーザーが図面をクリックしたときに実行されます。

  1. Insert > Drawingをクリックして図面を挿入します。
  2. 作成できたらSave & Closeです。
  3. 図面をクリックすると、右上隅にある小さなドロップダウンメニューのセレクタが表示されます。
  4. Assign scriptをクリックします。この図面に関連付けたいGoogle Apps Script関数の名前が打ち込めるダイアログが表示されます。

この実行をスプレッドシートにバインドされているスクリプトを利用して下のshowMessageBox()関数に引き渡すこともできます。 図面との関連付けのためにAssign scriptダイアログにshowMessageBox()関数を打ち込みます。ユーザが図面をクリックしたときにshowMesasgeBox関数が実行されます。


function
showMessageBox() {
Browser.
msgBox(
"You clicked the drawing."
); }


Google SitesにWebアプリを埋め込む

WebアプリをGoogle Sitesにガジェットとして埋め込むには下の手順で進めててください。



権限とGoogle Apps Script ガジェット

Webアプリの権限は、スクリプトの所有者を選択したか、またはアクセスしているアクティブユーザーとしてアプリケーションを実行することを選択したかによって異なります。

前者の場合はスクリプトは常にスクリプトの所有者のIDの下で実行されます。これはWebアプリにアクセスしているユーザーとは無関係の場合です。

後者--Webアプリケーションにアクセスしているアクティブユーザーとして実行する場合、スクリプトは、スクリプトにアクセスしているアクティブユーザーのIDで実行されます。


2012-10-15


pageTOP