×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> スクリプトの実行 >> スクリプトエディタ | カスタム関数 | Web Apps | ガジェット | コンテナの拡張 | 時間駆動トリガー | コンテナ固有トリガー |


コンテナ固有のトリガー


WWW GoogleStyle


コンテナ固有のトリガー

コンテナ固有のトリガーはコンテナに固有のイベントに応答して実行する機能です。固有のイベント例としては、スプレッドシートのオープンイベント、スプレッドシートの編集イベント、 フォームからの送信イベント、Script Galleryからスクリプトがインストールされるときなどです。
コンテナ固有のトリガーには、単純なトリガーとインストール可能なコンテナ固有のトリガーの2種類があります。 詳細はUnderstanding Events以下を参考にしてください。



権限とコンテナ固有のトリガー

Simple triggersはアクティブユーザーのIDのもとで実行します。 これら組み込みのトリガーは、ユーザー固有のサービスにアクセスすることは許可されていません。
Google Apps Script ではユーザーのプライベートデータを取得しようとするトリガーは許可していません。Calendar, Gmail, Sitesなどにあるデータはすべてアクセスできません。 ただし、onEditはスプレッドシートのどのセルへの書き込みも可能です。

インストール可能なコンテナ固有のトリガー (container-specific installable triggers) はトリガーを作成したユーザーのIDを使用して実行されます。


2012-10-16


pageTOP