×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> ユーザーガイド >> 基本コンセプト >> スクリプト と Google.Accounts | スクリプトとコンテナ | 組み込みサービス | 外部APIの利用 |


組み込みサービス

Google.Appsスクリプトは、ユーザデータやGoogleの他のシステム、また外部システムと相互作用するための組み込みサービスを多数提供しています。


WWW GoogleStyle


Default Services

デフォルトサービスは、ユーザーカレンダーのイベント管理のためにスクリプトログへのロギングデータをXML構文解析する一連のAPIsです。 サービスは関連するグループにAPI機能を分割し、さらに各サービスへ一連の機能を提供します。

たとえば、CalendarサービスはGoogleカレンダーと相互作用をさせるためのすべてのクラスと関数を提供します。 カレンダーサービスを使用するということは、Google.Calendarを操作するためのGoogle.Calendar内のメソッドをスクリプト内から呼び出すことを意味します。

Google.Appsスクリプトのドキュメントは、主にサービスによって構成されています。 ガイドのDefault Services sectionはGoogle.Apps.Scriptが提供するすべてのサービスをセクションで構成しており、 セクションにはサービスのすべての機能とパラメータの完全なリストがあります。

下はGoogle.Apps.Scripでサービスを利用した例で、すべてのサービスはこのフォーマットに従います。


ClassName.
methodName(argument1, argument2, ..., argumentN);

次の例はより具体的なものです。メールサービスを使用して電子メールを送信するには次のような行をスクリプトに使用する場合があります。


MailApp.
sendEmail(
"mike@example.com,nikhil@example.com", "Attachment example", "Here is my document",
{attachments: myFiles});


Google APIs Services

Google APIサービスのほとんどは既定のサービスのように動作しますが、デフォルトでは有効になっていません。 これらを有効にして利用するためには、スクリプトエディタのナビゲートからResources > Use Google APIs...と進んでGoogle APIsのダイアログを開いてください。

ほとんどのサービスでは、プロジェクトを作成してGoogle APIのコンソールからAPI用のキーを取得する(create a project and obtain an API key)必要があります。

繰り返しますが、これらのサービスはデフォルトでは有効になっていません。 これらを相互作用させるためには、API呼び出し用のカスタムクォータ管理を可能にするAPIコンソールプロジェクトを持つAPIが必要です。


Base JavaScript API

デフォルトおよびGoogle.APIのサービスに加えて、Google.Appsスクリプトのユーザーは、ECMAScript.5のサブセットを利用することができます。 また、Google AppsスクリプトはJavaScript1.8に基づいており、JavaScript 1.8のいくつかの機能を提供しています。

このことは、ユーザーが一般的なJavaScriptオブジェクト、たとえば日付、配列、RegExp(正規表現)などへアクセスできるということを意味します。
Google Appsスクリプトで使用可能なJavaScriptのコア部品のリファレンスは、「Mozilla Developer Network」に設けられています。

記載されていることすべてがGoogle Appsスクリプトで実現できるものではない(例えばDOM操作やブラウザの操作)ことを覚えておいてください。

2012-10-14


pageTOP