×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class OAuthConfig : Members
memberType説明
setAccessTokenUrl String OAuthのアクセストークンを取得するためにURLを設定する
setAccessTokenUrl OAuthのアクセストークンを取得するためにURLはを設定する
setAuthorizationUrl OAuthの認証サービスのURLを設定する
setConsumerKey consumerキーをセットする(OAuthサービスに登録すれば提供される)
setConsumerSecret consumer secretをセットする(OAuthサービスに登録すれば提供される)



method setAccessTokenUrl(data)

  • OAuthのアクセストークンを取得するためにURLはを設定する
    ( 参考 :addOAuthService)
Arguments :
nameType説明
dataString アクセストークンを取得するためのOAuthのサービスプロバイダによって指定されたURL


method setAccessTokenUrl(data)

Arguments :
nameType説明
dataString アクセストークンを取得するためのOAuthのサービスプロバイダによって指定されたURL


method setAuthorizationUrl(data)

Arguments :
nameType説明
dataString OAuthのサービスプロバイダによって指定された認証用トークンのためのURL


method setConsumerKey(data)

Arguments :
nameType説明
dataString consumer keyはOAuthのサービスプロバイダによって提供される:UserPropertiesを使用することでスクリプトのソースコード内で自分のキーを公開しないようにすること
サンプル :
var oAuthConfig = UrlFetchApp.addOAuthService("twitter");
 oAuthConfig.setConsumerKey(ScriptProperties.getProperty("twitterConsumerKey"));


method setConsumerSecret(data)

Arguments :
nameType説明
dataString consumer secretはOAuthのサービスプロバイダによって提供される:UserPropertiesを使用することでスクリプトのソースコード内で自分のキーを公開しないようにすること
サンプル :
var oAuthConfig = UrlFetchApp.addOAuthService("twitter");
oAuthConfig.setConsumerSecret(ScriptProperties.getProperty("twitterConsumerSecret"));