×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class HTTPResponse : Members
memberType説明
getContent Byte [ ] HTTP応答の内容を取得する
getContentText String HTTP応答の内容を文字列として取得する
getHeaders Headers HTTP応答からのヘッダーをすべて取得する
getResponseCode int HTTP応答からステータスを取得する



method getContent()

  • HTTP応答の内容を取得する
戻り値 :
Type説明
Byte [ ] 生のバイナリ配列としてのコンテンツ
Googleのサンプル :
// The code below shows the value of the first byte of the Google home page.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www.google.com/");
Browser.msgBox(response.getContent()[0]);
動作確認用サンプル :
function getContent() {
  // The code below shows the value of the first byte of the This home page.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www5d.biglobe.ne.jp/~pog");
Browser.msgBox(response.getContent()[0]);
}

実行結果 

20101016


method getContentText()

  • HTTP応答の内容を文字列として取得する
戻り値 :
Type説明
String コンテンツ
Gooogleのサンプル :
// The code below shows the HTML code of the Google home page.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www.google.com/");
Browser.msgBox(response.getContentText());
動作確認用サンプル :
function getContentText() {
  // The code below shows the value of the first byte of the Google home page.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www5d.biglobe.ne.jp/~pog");
Browser.msgBox(response.getContentText());
}

実行結果(一部)

20101016


method getHeaders()

  • HTTP応答からのヘッダーをすべて取得する
戻り値 :
Type説明
Headers HTTPヘッダーのJavascriptのキー/値のマップ
サンプル :
// The code below shows the HTTP headers from the response received when fetching the Google home page.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www.google.com/");
Browser.msgBox(response.getHeaders().toSource());


method getResponseCode()

  • HTTP応答からステータスを取得する
戻り値 :
Type説明
int HTTP応答コード (e.g. 200 for ok)
Googleのサンプル :
// The code below shows the HTTP response code from the response received when fetching the Google home page.
// It should be 200 if the request succeeded.
var response = UrlFetchApp.fetch("http://www.google.com/");
Browser.msgBox(response.getResponseCode());
動作確認用サンプル :
  // このサイトのトップページの HTTP response コードを返す 

function getResponseCode(){

var response = UrlFetchApp.fetch("http://www5d.biglobe.ne.jp/~pog");
Browser.msgBox(response.getResponseCode());

}

実行結果

HTTPステータスコード / wikipedia

20101016