×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

チュートリアル 中級者 2-5: Docs Listとの連携を図る

  • Docs List 中のファイルを探して結果を表示します。また Docs List内に保存されているCSVファイルをインポートしたりエクスポートしてみます。 作業はおよそ10分で完成します。

    このプログラムは先ずメニューの定義付けをします。1-3: メニューの定義

§1 Docs List内の検索と該当ファイルの表示

§2 CSVファイルからのインポート

§3 選択範囲をCSVファイルに保存する

チュートリアル 中級者/目次 参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索


§1Docs List内の検索と該当ファイルの表示

Docs Listに何らかのファイルが保存されていることを確認します。メニューをカスタマイズしてユーザーから提示された検索語によるファイル検索をした後、結果をスプレッドシートに表示します。
  1. スプレッドシートに戻って【Script Editor】を開きます。
  2. 下のコードを貼り付けます。 onOpen 関数はシートが開くと自動的に実行されます。そしてメニューバーに Search Document List の項目が追加されます。 これで search関数を実行するすべてのファイルを検索するオプションがメニューバーに加わります。
function onOpen() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var searchMenuEntries = [ {name: "Search in all files", functionName: "search"}];
  ss.addMenu("Search Document List", searchMenuEntries);
}

function search() {
  // Prompt the user for a search term
  var searchTerm = Browser.inputBox("Enter the string to search for:");

  // Get the active spreadsheet and the active sheet
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getActiveSheet();

  // Set up the spreadsheet to display the results
  var headers = [["File Name", "File Type", "URL"]];
  sheet.clear();
  sheet.getRange("A1:C1").setValues(headers);

  // Search the files in the user's Docs List for the search term
  var files = DocsList.find(searchTerm);

  // Loop through the results and display the file name, file type, and URL
  for (var i = 0; i < files.length; i++) {
    sheet.getRange(i+2, 1, 1, 1).setValue(files[i].getName());
    sheet.getRange(i+2, 2, 1, 1).setValue(files[i].getType());
    if (files[i].getType() == "document") {
      urlBase = "https://docs.google.com/Doc?docid=";
    }
    else if (files[i].getType() == "spreadsheet") {
      urlBase = "https://spreadsheets.google.com/ccc?key=";
    }
    else if (files[i].getType() == "presentation") {
      urlBase = "https://docs.google.com/present/view?id=";
    }
    else {
      urlBase = "https://docs.google.com/fileview?id=";
    }
    sheet.getRange(i+2, 3, 1, 1).setValue(urlBase + files[i].getId());
  }
}
  1. 保存してメニューバーに Search Document Listが表示されるよう更新します。Search Document List を選択して検索語を入力します。 こんな画面になります。

§2 CSVファイルからのインポート

ひとつ以上のCSVファイルが Docs List 内にあることを確認してください。Docs List からCSVファイルのコードを取得してスプレッドシートへインポートするコードを書きます。
  1. Google Docs and Spreadsheets 内で今保存したスプレッドシートを開き、ツールから 【Script editor】 を出します。
  2. onOpen 関数としてある箇所を下のコードと置き換えます。
function onOpen() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var searchMenuEntries = [ {name: "Search in all files", functionName: "search"}];
  var csvMenuEntries = [{name: "Load from CSV file", functionName: "importFromCSV"}];
  ss.addMenu("Search Document List", searchMenuEntries);
  ss.addMenu("CSV", csvMenuEntries);
}
  1. スクリプトの最後に下のコードを貼り付けます。mportFromCSV 関数は即座にユーザーにCSVファイル名を促し、その後 Docs List から該当ファイルを検索します。 次にCSVファイルのデータを手軽にJavascript配列に変換するCSVToArray関数を呼び出します。

    CSVToArray 関数はブログに投稿された Parsing CSV strings with the Javascript exec() regular expression command.の許可を得ています。

function importFromCSV() {
  var fileName = Browser.inputBox("Enter the name of the file in your Docs List to import (e.g. myFile.csv):");

 var files = DocsList.getFiles();
  var csvFile = "";

  for (var i = 0; i < files.length; i++) {
    if (files[i].getName() == fileName) {
      csvFile = files[i].getContentAsString();
      break;
    }
  }
  var csvData = CSVToArray(csvFile, ",");
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getActiveSheet();
  for (var i = 0; i < csvData.length; i++) {
    sheet.getRange(i+1, 1, 1, csvData[i].length).setValues(new Array(csvData[i]));
  }
}
// http://www.bennadel.com/blog/1504-Ask-Ben-Parsing-CSV-Strings-With-Javascript-Exec-Regular-Expression-Command.htm
// This will parse a delimited string into an array of
// arrays. The default delimiter is the comma, but this
// can be overriden in the second argument.

function CSVToArray( strData, strDelimiter ){
  // Check to see if the delimiter is defined. If not,
  // then default to comma.
  strDelimiter = (strDelimiter || ",");

  // Create a regular expression to parse the CSV values.
  var objPattern = new RegExp(
    (
      // Delimiters.
      "(\\" + strDelimiter + "|\\r?\\n|\\r|^)" +

      // Quoted fields.
      "(?:\"([^\"]*(?:\"\"[^\"]*)*)\"|" +

      // Standard fields.
      "([^\"\\" + strDelimiter + "\\r\\n]*))"
    ),
    "gi"
  );


  // Create an array to hold our data. Give the array
  // a default empty first row.
  var arrData = [[]];

  // Create an array to hold our individual pattern
  // matching groups.
  var arrMatches = null;


  // Keep looping over the regular expression matches
  // until we can no longer find a match.
  while (arrMatches = objPattern.exec( strData )){

    // Get the delimiter that was found.
    var strMatchedDelimiter = arrMatches[ 1 ];

    // Check to see if the given delimiter has a length
    // (is not the start of string) and if it matches
    // field delimiter. If id does not, then we know
    // that this delimiter is a row delimiter.
    if (
      strMatchedDelimiter.length &&
      (strMatchedDelimiter != strDelimiter)
    ){

      // Since we have reached a new row of data,
      // add an empty row to our data array.
      arrData.push( [] );

    }


    // Now that we have our delimiter out of the way,
    // let's check to see which kind of value we
    // captured (quoted or unquoted).
    if (arrMatches[ 2 ]){

      // We found a quoted value. When we capture
      // this value, unescape any double quotes.
      var strMatchedValue = arrMatches[ 2 ].replace(
        new RegExp( "\"\"", "g" ),
        "\""
      );

    } else {

      // We found a non-quoted value.
      var strMatchedValue = arrMatches[ 3 ];

    }


    // Now that we have our value string, let's add
    // it to the data array.
    arrData[ arrData.length - 1 ].push( strMatchedValue );
  }

  // Return the parsed data.
  return( arrData );
}

  1. 保存して更新します。メニューバーにCSVメニューがあります。CSV → Load from CSV file と選択し、インポートしたいファイル名を入力します。 スプレッドシートに表れたCSVファイルの内容が分かると思います。Docs Listに下のような内容のCSVファイルがあれば下のような表示になります。
First Name,Last Name,Department,Extension
Jane,Smith,Engineering,6113
John,Doe,Marketing,1877
Sam,Jones,Sales,2233

§3 選択範囲をCSVファイルに保存する

  1. スプレッドシートの【Script editor】 を開きます。
  2. 下のコードに貼り替えます。
function onOpen() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var searchMenuEntries = [ {name: "Search in all files", functionName: "search"}];
  var csvMenuEntries = [{name: "Save as CSV file", functionName: "saveAsCSV"},
                      {name: "Load from CSV file", functionName: "importFromCSV"}];
  ss.addMenu("Search Document List", searchMenuEntries);
  ss.addMenu("CSV", csvMenuEntries);
}
  1. 更に続けてスクリプトの最後に次のコードを追加します。
function saveAsCSV() {
  // Prompts the user for the file name
  var fileName = Browser.inputBox("Save CSV file as (e.g. myCSVFile):");

  // Check that the file name entered wasn't empty
  if (fileName.length !== 0) {
    // Add the ".csv" extension to the file name
    fileName = fileName + ".csv";
    // Convert the range data to CSV format
    var csvFile = convertRangeToCsvFile_(fileName);
    // Create a file in the Docs List with the given name and the CSV data
    DocsList.createFile(fileName, csvFile);
  }
  else {
    Browser.msgBox("Error: Please enter a CSV file name.");
  }
}

function convertRangeToCsvFile_(csvFileName) {
  // Get the selected range in the spreadsheet
  var ws = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSelection();
  try {
    var data = ws.getValues();
    var csvFile = undefined;

    // Loop through the data in the range and build a string with the CSV data
    if (data.length > 1) {
      var csv = "";
      for (var row = 0; row < data.length; row++) {
        for (var col = 0; col < data[row].length; col++) {
          if (data[row][col].toString().indexOf(",") != -1) {
            data[row][col] = "\"" + data[row][col] + "\"";
          }
        }

        // Join each row's columns
        // Add a carriage return to end of each row, except for the last one
        if (row < data.length-1) {
          csv += data[row].join(",") + "\r\n";
        }
        else {
          csv += data[row];
        }
      }
      csvFile = csv;
    }
    return csvFile;
  }
  catch(err) {
    Logger.log(err);
    Browser.msgBox(err);
  }
}
  1. シートを更新します。CSVファイルとして保存したい範囲を選択し、メニューのCSVから Save as CSV file をクリックします。 保存用のファイル名を入れましょう。
ファイルが作られてDocs Listに表示が出ます。
DocsList service を使ってCSVファイルの検索とファイルの保存ができました。 DocsList servicesも参考にして下さい。




    * チュートリアル 中級者/目次
    1. スプレッドシートの読み取り - JavaScript オブジェクトを利用してシート内のデータ構造を読み取る
    2. スプレッドシートへの書き込み - シートに構築されたデータを読み取り他のシートへ移植
    3. トーナメント表の作成 - バスケットのトーナメント表をスプレッドシートで作成
    4. Google Site の作成 - Gmail や Calendar からデータを収集してサッカーチーム用のサイトを作成
    5. Docs Listとの連携を図る - Docs List上のファイル検索やCSVファイルのインポート(エクスポート)
    6. Google Sites にApps Script を埋め込む - Google SitesにGoogle Apps Scriptを実装する
    7. デバッガーの利用 - YouTubeのVideoによる Tutorial
    8. Google Sites に Google DocList を埋め込む - ファイルキャビネットとリストページを利用してフォルダーを作成する
    9. 読書リストからスプレッドシートを作成する - 未読URLリストからタスクアイテムを作成するための同期関数を作成するGoogle APIの統合
    10. Gmail受信トレイの統計レポート - Gmail内の毎月の送受信とそのトップ5の統計情報
    --チュートリアル 中級者 2-5. Docs Listとの連携を図る : end -- 2011/10/30