×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

チュートリアル 初心者 1-1: はじめの一歩

  • はじめはセル内の基本的な読み書きとダイアログボックスを表示するスクリプトです。 およそ10分間の作業で完了します。

  • 先ず【Google Spreadsheet】にアクセスしておきましょう。 JavaScriptを書いた経験が無くても基本はこのサンプルで理解できます。

§1 Script Editorを使う

§2 Spreadsheet API の基本

チュートリアル 初心者/目次 参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索


§1 Script Editorを使う

  1. 【Google Spreadsheet】 のメニューバーで【Tools】→【Scripts】→【Script editor】と選択します。 【Script editor】がポップアップします。以後エディター(editor)またはスクリプトエディター(Script editor)と表記した場合はこのオンラインエディターを指します。
【Script editor】と【Spreadsheet】の両方が見えるようにしておきます。(実際には 関数を定義する初めの部分のコードfunction myFunction() { } までがすでに入力されています。)

  1. 【Script editor】に下に示すコードを貼り付けて好きな名前で保存します。(ここでは【myFirstScript】としてます)
      function example() {
        var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
        var sheet = ss.getSheets()[0];
        var myValue = Browser.inputBox("Enter a number"); 
        sheet.getRange("A1").setValue("Number entered:");
        var b1Range = sheet.getRange("B1");
        b1Range.setValue(myValue);
        var valueToShow = b1Range.getValue() + 1;
        Browser.msgBox("The value you entered plus one is: " + valueToShow);
      }
  1. エディター上部のコンボボックスから【myFirstScript】を選択し実行します。

  2. ダイアログボックスが表れるので適当な数字(半角英数)を入力します。OKを押すと【A1】にコメント、【B1】に入力値が表示されます。そして入力した数字に1を加えた数字がダイアログボックスに表示されます。

§2 Spreadsheet API の基本

サンプルをコードを追いながら理解してみます。
function example() {
  // code
}
exampleという名前で関数を定義しています この行はエディターやメニューバー、あるいはセルから直接呼び出すことができます。

ここでは以下の3つの重要なオブジェクトを使用しています。

  • Spreadsheet object
  • Sheet object
  • Range object
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
アクティブな Spreadsheet object を参照しています。
  var sheet = ss.getSheets()[0];
一番目の Sheet object を参照しています。
  var myValue = Browser.inputBox("Enter a number");
インプットボックスを表示して入力内容を返しています。 Enter a number (日本語版設定ならばインプットボックス上の表記)の箇所は日本語表記できます。
  sheet.getRange("A1").setValue("Number entered:");
一行で2つの作業をします。セル【A】を選択してセル【A】に値を設定します。
  var b1Range = sheet.getRange("B1");
【B1】セルのRange objectの内容を参照しています。
  b1Range.setValue(myValue);
変数 b1Range に入力された値をセットします。
  var valueToShow = b1Range.getValue() + 1;
【B1】セルの値に1を加えます。
  Browser.msgBox("The value you entered plus one is: " + valueToShow);
文字列と数値を結び付けて結果をメッセージボックスに表示してます。もしメッセージボックスだけを使いたい時は、この一行だけを利用します。 たとえば下のようにすればOKです。
     function msgBox() {
 Browser.msgBox( "メッセージボックスを呼び出しました。" );
      }




    * チュートリアル 初心者/目次
    1. はじめの一歩 - セルの基本的な修正方法とダイアログボックスの表示
    2. 自作関数の作成 - 標準装備されている関数のカスタマイズ
    3. メニューの定義 - メニューバーのカスタマイズとスクリプトの実行
    4. スプレッドシートからのメール配信 - 複数の配信先へシート内のデータを送る
    5. UIサービスの利用 - YouTubeによるユーザーインターフェース作成のための動画解説
    --チュートリアル 初心者 1-1.はじめの一歩 : end -- 2011/10/30