×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class Sheet : Members
memberType説明
clearSheetシート上のすべてのコンテンツと書式のクリア
clearContentsSheet書式とコメントは保存したまま他をクリア
clearCommentsSheetシート上のコメントをすべてクリア
clearFormatsSheetコンテンツとコメントは保存したまま書式をクリア
copyToSheet対象シートを他のシートへコピー
deleteColumnSheet指定された列番号の列を削除
deleteColumnsSheetひとつまたは複数の連続した列を削除
deleteRowSheet指定された行番号の行を削除
deleteRowsSheetひとつまたは複数の連続した行を削除
getActiveCellRange対象シート上で選択された範囲の左上端のセルの値を返す
getActiveSelectionRangeユーザーによって選択されたカレントシート上のセル範囲を返す
getDataRangeRange指定範囲内に存在しているデータの要素を返す
getIndexint1から始まるシートのインデックスを取得
getLastColumnintコンテンツを持つ最終列の位置を返す
getLastRowintコンテンツを持つ最終行の位置を返す
getMaxColumnsintシート内の列の最大数を取得する
getMaxRowsintシート内の行の最大数を取得する
getNameStringシート名を取得する
getParentSpreadSheet対象シートの所属するスプレッドシートを返す
getRangeRangeシートのセル範囲を取得する
getRangeRangeシートのセル範囲を取得する
hideColumn指定範囲の列を非表示にする
hideColumnsシート上のひとつまたは複数表示された連続列を非表示にする
hideRow指定範囲の行を非表示にする
hideRowsシート上のひとつまたは複数表示された連続行を非表示にする
insertColumnAfterRange指定した列番号の後に新しい列を挿入する
insertColumnBeforeSheet指定した列番号の前に新しい列を挿入する
insertColumnsシートにひとつまたは複数の連続する列を挿入する
insertColumnsAfterSheet指定した列番号の後に指定した列数を挿入する
insertColumnsBeforeSheet指定した列番号の前に指定した列数を挿入する
insertImage行および列で指定されたセルの左上隅でシート左上隅にイメージを挿入する
insertImage行および列で指定されたセルの左上隅でシート左上隅にイメージを挿入する。ただし指定ピクセル値でオフセットされたもの。
insertRowAfterSheet指定した行番号の後に新しい行を挿入する
insertRowBeforeSheet指定した行番号の前に新しい行を挿入する
insertRowsシートにひとつまたは複数の連続する行を挿入する
insertRowsAfterSheet指定した行番号の後に指定した行数を挿入する
insertRowsBeforeSheet指定した行番号の前に指定した行数を挿入する
setActiveCellRange対象シートで指定されたセルを選択する
setActiveCellRange対象シートで指定されたセルを選択する
setActiveSelectionRange対象シートで指定されたセル範囲を選択する
setActiveSelectionRange指定された選択文字列で表される範囲を選択する
getColumnWidthint指定列の幅(ピクセル値)を取得する
setColumnWidthSheet指定列の幅(ピクセル値)を設定する
getFrozenColumnsintシートに固定された列数を取得する。
setFrozenColumns指定された列数を固定する。最初の列から開始。ゼロの場合は列が固定されない。
getFrozenRowsintシートに固定された行数を取得する
setFrozenRows指定された行数を固定する。最初の行から開始。ゼロの場合は行が固定されない。
setNameSheetシート名を設定する
getRowHeightint行の高さ(ピクセル値)を取得する
setRowHeightSheet行の高さ(ピクセル値)を設定する
showColumnsシート上の未表示の列をひとつまたは複数連続で表示する
showRowsシート上の未表示の行をひとつまたは複数連続で表示する
unhideColumn指定された範囲の列をUn-hideする
unhideRow指定された範囲の行をUn-hideする
sortSheet列によるソート
sortSheet列によるソート



method clear()

戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
function clear() {
  // 本来はシート専用のクリアなのでしょうが、
  // 下のように選択範囲や指定範囲でも問題なく動作しました

  // アクティブなシート内をすべてクリア
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  ss.clear();  
  
  // ユーザーの選択範囲のみクリア
  ss = SpreadsheetApp.getActiveRange();
  ss.clear();  
  
  // 指定範囲をクリア
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("B2:C4");
  ss.clear();  
}

20110309


clearContents()

  • 書式とコメントは保存したまま他をクリア
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効


method Comments()

  • シート上のコメントをすべてクリア
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効


method clearFormats()

  • コンテンツとコメントは保存したまま書式をクリア
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効


method copyTo(destination)

  • 対象シートを他のシートへコピー
Arguments :
nameType説明
destinationSpreadSheet このシートをコピーすべきスプレッドシート
戻り値 :
Type説明
Sheet 新規のコピー


method deleteColumn(column)

  • 指定された列番号の列を削除
Arguments :
nameType説明
columnint 削除すべき列番号
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
// インプットボックスで削除すべき列を指定

function deleteColumn() {

        var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
        var sheet = ss.getSheets()[0];
        var myValue = Browser.inputBox("削除する列を数値-半角-で指定して下さい。",Browser.Buttons.OK_CANCEL); 
       sheet.deleteColumn(myValue); 
        Browser.msgBox(myValue + "列目を削除しました。");

      }

20101112


deleteColumns(columnIndex, optNumColumns)

  • ひとつまたは複数の連続した列を削除
    ( 参考 :deleteRows )
Arguments :
nameType説明
columnIndexint 削除すべき最初の列
optNumColumnsint 削除すべき連続的な列数
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効
Googleのサンプル :
// The code below will delete columns 3 and 4 in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
sheet.deleteColumns(3, 2);
動作確認用サンプル :
// インプットボックスで指定された左端列から指定列数を削除

function deleteColumn() {

        var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
        var sheet = ss.getSheets()[0];
        var myValue = Browser.inputBox("削除する左端列を数値-半角-で指定して下さい。",Browser.Buttons.OK_CANCEL); 
        var optNum = Browser.inputBox("削除する行数を指定してください。",Browser.Buttons.OK_CANCEL); 
        sheet.deleteColumns(myValue,optNum); 
        Browser.msgBox(myValue + "列目から" + optNum + "行削除しました。");

      }

20101112


method deleteRow(row)

  • 指定した行番号の行を削除
Arguments :
nameType説明
rowint 削除すべき行番号
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
// A列の最終行からチェックして空白セル(行)を削除 (^^ゞ

function deleteRows3() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();  
  var end = ss.getLastRow(); 
  Browser.msgBox("A列の最終行 - " + end + "までの空白行を削除します。"); 
  for(var counta = end; counta > 0 ; --counta){
     cell = ss.getRange("A" + counta)
     data = cell.getValue();

     if(data==""){
       Browser.msgBox("空白セルです。行を削除しますか?");
       ss.deleteRow(counta);
       }else{
       Browser.msgBox("【" + data + "】" + "が入力されています。");  
  }
 }
}

20110219


method deleteRows(rowIndex, optNumRows)

  • ひとつまたは複数の連続した行を削除
    ( 参考 :deletecolumns )
Arguments :
nameType説明
rowIndexint 削除すべき最初の行
optNumRowsint 削除すべき連続的な行数
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効
サンプル :
// The code below will delete rows 6 and 7 in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
sheet.deleteRows(6, 2);


method getActiveCell()

  • 対象シート上で選択された範囲の左上端のセルの値を返す
戻り値 :
Type説明
range ユーザーによって選択された範囲の左上端セルの値
動作確認用サンプル :
// 指定位置(左上端セル)以外の場合は何も表示せず

function mygetActiveCell(){
 
  var mysh = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var cell = mysh.getActiveCell(); //アクティブセルの値を取得
  Browser.msgBox(cell.getValue());

}



20101101


method getActiveSelection()

  • ユーザーによって選択されたカレントシート上のセル範囲を返す
戻り値 :
Type説明
range ユーザーによって選択された範囲
動作確認用サンプル :
// シート上でユーザーが選択した範囲に何らかの変更や操作を施す時に

function getActiveSelection() {
  var colNum = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveSelection();
  colNum.setBackgroundColor("blue"); //選択された範囲を青色に塗りつぶす
}

20110304


method getDataRange()

  • 指定範囲内に存在しているデータの要素を返す
    機能的にはA1で囲まれた範囲を作成して(Range.getLastColumn()、Range.getLastRow())とすることと同等
戻り値 :
Type説明
range 範囲オブジェクト
Googleのサンプル :
// The code below prints the contents of the range in the sheet that has data
var range = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getDataRange();
Browser.msgBox(range.getValues());
動作確認用サンプル :
// A1:B4範囲内のデータ(コンテンツを)取得

getDataRange()

function getDataRange(){
var range = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getDataRange();
Browser.msgBox(range.getValues());

}

20101021


method getIndex()

  • 1から始まるシートのインデックスを取得
戻り値 :
Type説明
int シートのインデックス
Googleのサンプル :
// The code below will get the index of the active sheet
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
Browser.msgBox(sheet.getIndex());
動作確認用サンプル :

function getIndex() {
 
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
Browser.msgBox(sheet.getIndex());

}
* 右のイメージは2枚目のシートを取得しているところ。

20101101


method getLastColumn()

  • コンテンツを持つ最終列の位置を返す
戻り値 :
Type説明
int データを持つ最終列のインデックス
動作確認用サンプル :
function getLastColumn() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getSheets()[2];
Browser.msgBox(sheet.getLastColumn());//途中の空白セルは無視
}

20110113


method getLastRow()

  • コンテンツを持つ最終行の位置を返す
戻り値 :
Type説明
int データを持つ最終行のインデックス
動作確認用サンプル :
function getLastRow() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getSheets()[2];
Browser.msgBox(sheet.getLastRow());//途中の空白セルは無視
}

20110113


method getMaxColumns()

  • シート内の列の最大数を取得する
    ( 参考 :getMaxrows )
戻り値 :
Type説明
int シート内の列の最大数を取得する
Googleのサンプル :
// The code below will get the number of columns in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
Browser.msgBox(sheet.getMaxColumns());
動作確認用サンプル :
function getMaxColumns() {
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getSheets()[0];
Browser.msgBox(sheet.getMaxColumns());//新規未使用のシートならば初期値の20を表示
}

20110113


method getMaxRows()

  • シート内の行の最大数を取得する
    ( 参考 :getMaxColumns )
戻り値 :
Type説明
int シート内の行の最大数を取得する
Googleのサンプル :
// The code below will get the number of rows in sheet 1
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
Browser.msgBox(sheet.getMaxRows());
動作確認用サンプル :
function getMaxRows(){
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
Browser.msgBox(sheet.getMaxRows());//新規未使用のシートならば初期値の100を表示
}

20110113


method getName()

  • シート名を取得する
戻り値 :
Type説明
String シートの名前
Googleのサンプル :
// The code below will get the name of sheet 1
var doc = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = doc.getSheets()[0];
Browser.msgBox(sheet.getName());
動作確認用サンプル :
// 1番目のシートをsetName()で設定後に確認
function getName() {
 
var doc = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = doc.getSheets()[0];
sheet.setName("シート名の設定と取得確認");
Browser.msgBox(sheet.getName());

}

// 2番目のシートをsetName()で設定後に確認
function getName2() {
 
var doc = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = doc.getSheets()[1];
sheet.setName("シート名の設定と取得確認-2");
Browser.msgBox(sheet.getName());

}

20101107


method getParent()

  • 対象シートの所属するスプレッドシートを返す
戻り値 :
Type説明
SpreadSheet このシートのコンテナ(入れ物)

method getRange(range)

  • シートのセル範囲を取得する
    指定されたメソッドのパラメータが無効な場合ユーザーにエラーメッセージが表示される
Arguments :
nameType説明
rangeString A1形式のセル範囲
戻り値 :
Type説明
Range セル範囲
Googleのサンプル :
// The code below will get the number of columns for the range "C2:E4"
// in the active spreadsheet
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("C2:E4").getNumColumns();
Browser.msgBox(count);
動作確認用サンプル :
// アクティブシートで"C2:E4"の範囲を取得して青色に表示
// メッセージボックスは 列数の"3"(列)を表示

function getRange() {

  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("C2:E4").setBackgroundColor('blue');
  var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("C2:E4").getNumColumns();
  Browser.msgBox("C2:E4の範囲内の列数は;" + count);

}

20101017


method getRange(row, column, optNumRows, optNumColumns)

  • シートのセル範囲を取得する
    指定されたメソッドのパラメータが無効な場合ユーザーにエラーメッセージが表示される
Arguments :
nameType説明
rowint 範囲の最初の行
columnint 範囲の左端の列
optNumRowsint 範囲の行数
optNumColumnsint 範囲の列数
戻り値 :
Type説明
Range セル範囲
Googleのサンプル :
// The code below will get the number of columns for the range C2:G8
// in the active spreadsheet, which happens to be "4"
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getNumColumns();
Browser.msgBox(count);
動作確認用サンプル :
// getRange(範囲の最初の行:2, 範囲の左端の列:3, 範囲の行数7, 範囲の列数5)の範囲(C2:G8)を取得
//範囲を緑色にして列数として "5",行数として"7"を表示

function getRange2(){

SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 7, 5).setBackgroundColor('green');
var colcount = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 7, 5).getNumColumns();
var rowcount = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 7, 5).getNumRows();

Browser.msgBox("C2G8の範囲内の列数は" + colcount + ";" + "範囲内の行数は" + rowcount);

}

20101017


method hideColumn(column)

  • 指定範囲の列を非表示にする
Arguments :
nameType説明
columnRange 列をまたがって範囲を非表示にする


method hideColumns(columnIndex, optNumColumns)

  • シート上のひとつまたは複数表示された連続列を非表示にする
    ( 参考 :hideRows )
optNumColumns
Arguments :
nameType説明
columnIndexint 非表示にする最初の列のインデックス
int 非表示にする連続した列数
サンプル :
// The code below will hide columns 3 and 4 in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
sheet.hideColumns(3, 2);


method hideRow(row)

  • 指定範囲の行を非表示にする
Arguments :
nameType説明
rowRange 行をまたがって範囲を非表示にする


method hideRows(rowIndex, optNumRows)

  • シート上のひとつまたは複数表示された連続行を非表示にする
    ( 参考 :hideColumns )
optNumRows
Arguments :
nameType説明
rowIndexint 非表示にする最初の行のインデックス
int 非表示にする連続した行数
サンプル :
// The code below will hide rows 6 and 7 in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
sheet.hideRows(6, 2);


method insertColumnAfter(afterColumn)

  • 指定した列番号の後に新しい列を挿入する
Arguments :
nameType説明
afterColumnint この列の後ろに新規の列を追加する
戻り値 :
Type説明
Range セル範囲


method insertColumnBefore(beforeColumn)

  • 指定した列番号の前に新しい列を挿入する
Arguments :
nameType説明
beforeColumnint この列の前に新規の列を追加する
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効


method insertColumns(columnIndex, optNumColumns)

  • シートにひとつまたは複数の連続する列を挿入する
    ( 参考 :insertRows )
Arguments :
nameType説明
columnIndexint 挿入する最初の列のインデックス
optNumColumnsint 挿入する連続した列数
サンプル :
// The code below will insert 2 columns after column 3 in sheet 0
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = ss.getSheets()[0];
sheet.insertColumns(3, 2);


method insertColumnsAfter(afterColumn, howMany)

  • 指定した列番号の後に指定した列数を挿入する
Arguments :
nameType説明
afterColumnint この列の後ろに新規の複数列を追加する
howManyint 新規の列数
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効


method insertColumnsBefore(beforeColumn, howMany)

  • 指定した列番号の前に指定した列数を挿入する
Arguments :
nameType説明
beforeColumnint この列の前に新規の複数列を追加する
howManyint 新規の列数
戻り値 :
Type説明
Sheet シートオブジェクト、連結時に有効