×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class Range : Members
memberType説明
activateRangeこの範囲をアクティブな範囲にする
breakApartRange範囲内で結合された複数列のセルを個々のセルに分割する
clearRange範囲内のすべてのデータをクリアする:クリアだった状態に戻す
clearCommentRange範囲内の任意のセルのコメントをクリアする
clearContentRange範囲内のすべてのセルのコンテンツをクリアする
clearFormatRange範囲内のすべてのセルの形式をクリアする
copyFormatToRange指定された範囲の形式をコピーする
copyTo範囲内のセルからデータを他の範囲のセルへコピーする
copyValuesToRange指定された場所の範囲内のコンテンツをコピーする
getBackgroundColorString範囲内の左上端のセルの背景色を取得する
getBackgroundColorsColor [ ][ ]範囲内のすべてのセルの背景色を取得する
getA1NotationStringA1セルを含む範囲(e.g. A1:B4)の表記法を取得する
getCellRange元になる範囲の左上端で行と列をインデックス付けされたセルを含む範囲を返す
getColumnint範囲内の左端列の番号を取得する
getColumnIndexint範囲内の左端列の番号を取得する
getCommentString範囲内の左上端セルのコメントを取得する
getCommentsString [ ][ ]範囲内の各セルへのコメントを取得する
getFontColorString範囲の左上端セルのフォントカラーを取得する
getFontColorsString [ ][ ]範囲内のすべてのセルのフォントカラーを取得する
getFontFamiliesString [ ][ ]範囲内のすべてのセルのフォント名を取得する
getFontFamilyString範囲の左上端セルのフォント名を取得する
getFontLineString範囲の左上端セルのフォントライン(e.g.アンダーライン,取り消し,etc.)を取得する
getFontLinesString [ ][ ]範囲内のすべてのセルのフォントライン(e.g.アンダーライン,取り消し,etc.)を取得する
getFontSizeint範囲の左上端セルのフォントサイズを取得する
getFontSizesint [ ] [ ]範囲内のすべてのセルのフォントサイズを取得する
getFontStyleString範囲の左上端セルのフォントスタイル(italic/normal/oblique)を取得する
getFontStylesString [ ][ ]範囲内のすべてのセルのフォントスタイル(italic/normal/oblique)を取得する
getFontWeightString範囲の左上端セルのフォントウェイト(normal/bold)を取得する
getFontWeightsString [ ] [ ]範囲内のすべてのセルのフォントウェイト(normal/bold)を取得する
getFormulaString範囲内の左上端セルの数式を取得する
getFormulaR1C1String範囲内の左上端セルの数式を取得する
getFormulasString [ ] [ ]指定範囲内のすべてのセルの数式を取得する
getFormulasR1C1String [ ] [ ]指定範囲内のすべてのセルの数式を取得する
getHeightint範囲の高さ(行数)を取得する
getHorizontalAlignmentString範囲内の左上端セルのhorizontal-alignment(left/center/right)を取得する
getHorizontalAlignmentsString [ ] [ ]範囲内のすべてのセルのhorizontal-alignment(left/center/right)を取得する
getLastColumnint範囲内の最後の列インデックスを取得する
getLastRowint範囲内の最後の行インデックスを取得する
getNumberFormatString範囲内の左上端セルの数値の書式を取得する
getNumberFormatsString [ ] [ ]範囲内のすべてのセルの数値の書式を取得する
getNumColumnsint範囲の列数を取得する
getNumRowsint範囲の行数を取得する
getRowint範囲の最上段の行インデックスを取得する
getRowIndexint範囲の最上段のインデックスを取得する
getSheetSheet指定範囲を持つシートオブジェクトを取得する
getValueint/String/Date/bool範囲内の左上端セルのもつ値を取得する
getValues[Values] [ ] [ ]指定範囲内の各セルのもつ値を取得する
getVerticalAlignmentString範囲内の左上端セルのもつvertical-alignment(top/middle/bottom)を取得する
getVerticalAlignmentsString [ ] [ ]範囲内のすべてのセルのもつvertical-alignment(top/middle/bottom)を取得する
getWidthint範囲の幅(列数)を取得する
getWrapbool範囲内の左上端セルのもつwrapを取得する
getWrapsbool [ ] [ ]範囲内のすべてのセルのもつwrapを取得する
mergeAcrossRange範囲内のセルを列を横断して結合する
moveTo範囲内のセルのデータを他の範囲のセルに移動させる
offsetRange指定範囲を基準にして新しい範囲を取得する
setBackgroundColorRange範囲内のすべてのセルの背景色を設定する
setBackgroundColorsRange範囲内のそれぞれのセルの背景色を設定する
setBackgroundRGBRange設定範囲の背景色をRGBの整数値で指定する
setBorderRange指定範囲のボーダープロパティを設定する
setCommentRange範囲の左上端のセルのコメントを設定する
setCommentsRange範囲内のそれぞれのセルのコメントを設定する
setFontColorRange指定範囲のセルすべてのフォントカラーを設定する
setFontColorsRange指定範囲各セルのフォントカラーを設定する
setFontFamiliesRange指定範囲の各セルにフォントを設定する
setFontFamilyRange指定範囲のすべてのセルにフォントを設定する
setFontLineRange指定範囲のセルのラインスタイル(underline,line-through,etc.)を設定する
setFontLinesRange指定範囲の各セルのラインスタイル(underline,line-through,etc.)を設定する
setFontSizeRange指定範囲のセルのフォントサイズを設定する
setFontSizesRange指定範囲の各セルのフォントサイズを設定する
setFontStyleRange指定範囲のセルのフォントスタイル(italic/normal/oblique)を設定する
setFontStylesRange指定範囲の各セルのフォントスタイル(italic/normal/oblique)を設定する
setFontWeightRange指定範囲のセルのフォントウェイト(normal/bold)を設定する
setFontWeightsRange指定範囲の各セルのフォントウェイト(normal/bold)を設定する
setFormulaRange範囲内のセルに数式を設定する
setFormulaR1C1Range範囲内のすべてのセルに数式を設定する
setFormulasRange指定範囲内の各セルに数式を設定する
setFormulasR1C1Range指定範囲内のすべてのセルに数式を設定する
setHorizontalAlignmentRange指定範囲内のhorizontal(left to right)-alignmentを設定する
setHorizontalAlignmentsRange指定範囲内の各セルのhorizontal(left to right)-alignmentを設定する
setNumberFormatRange
setNumberFormatsRange範囲内の各セルの番号形式を設定する
setValueRange指定範囲のすべてのセル内容に指定値を設定する
setValuesRange指定範囲のセル内容に指定値の表を設定する
setVerticalAlignmentRange指定範囲内のvertical(top to bottom)-alignmentを設定する(top/middle/bottom)
setVerticalAlignmentsRange指定範囲内の各セルにvertical(top to bottom)-alignmentを設定する(top/middle/bottom)
setWrapRange指定範囲内のセルにWrapを設定する
setWrapsRange指定範囲内の各セルにWrapを設定する
sortRange指定範囲内をソートする



method activate()

  • この範囲をアクティブな範囲にする
    ( 参考 :setActiveRange)
戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト:連結時に有効
Googleのサンプル :
// "A2:U23"の範囲をアクティブにする

function getactivate() {
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:U23").activate();
}
動作確認用サンプル-1 :
// "A2:G8"の範囲をアクティブにする
function getactivate() {
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:G8").activate();
//ここまで

// ここから動作確認用:各セルに”activate!”の文字を設定
SpreadsheetApp.getActiveRange().setValue('activate!');
}

20100930

動作確認用サンプル-2 :
// アクティブにしたセル番地を取得
// 予めセルを選択して実行します

function activate(){
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 var cell = ss.getActiveCell().activate();
       return getCell(cell);
}

function getCell(cell){
var rowL = cell.getRowIndex();
var colL = cell.getColumnIndex();
Browser.msgBox("ここは" + "(" + rowL + "," + colL + ")" + "です。");

}

20110218

動作確認用サンプル-3 :
// 実行すると現在選択中のセルからアクティブセルが右方向へひとつ移動します。
function moveRight() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  cell = ss.getActiveCell();
  var column = cell.getColumn(); 
  var row = cell.getRow();
  Browser.msgBox("( " + row + "," + column + " )" + " から");
  newCellcolumn = column+1;
  ss.getRange(row , newCellcolumn).activate();
  Browser.msgBox("( " + row + "," + newCellcolumn + " )" + " へ移動しました。");  
}

20110302


method breakApart()

  • 範囲内で結合された複数列のセルを個々のセルに分割する
    ( 参考 :mergeAcross )
戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト:連結時に有効
動作確認用サンプル :
// mergeAcross()→breakApart()の順序で実行

//準備用:(A2:C8)範囲の列を結合しておく

function mergeAcross(){
   SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:C8").mergeAcross() ;

}

//これ以後、連結された(A2:C8)範囲内の(A3:C6)を解除(分割)

function breakApart() {
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A3:C6").breakApart();
}

20100930


method Clear(optAdvancedArgs)

  • 範囲内のすべてのデータをクリアする:クリアだった状態に戻す

    コンテンツ、形式、コメントを含むすべてのデータをクリアする。コンテンツのみをクリアする場合は{contentsOnly:true}のオプション引数を利用する。 形式のみの場合も同様に{formatOnly:true}を利用する。

    参考;class_sheet clear( )

Arguments :
nameType説明
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments* :
NameType説明
contentsOnlybool trueに設定された場合はシート内のコンテンツのみクリアされる
formatOnlybool trueに設定された場合はシート内の形式のみクリアされる
戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト、連結時に有効
Googleのサンプル :
// The code below will clear range C2:G8 in the active sheet
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).clear();
// The code below will clear range C2:G8 in the active sheet,but preserve the format
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).clear({contentsOnly:true});

動作確認用サンプル :
//write()→clear()の順序で実行

// 準備用:"A2:H9"の範囲に書き込む

function write() {
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:H9").activate();
SpreadsheetApp.getActiveRange().setValue('書き込みました!');
}

//C2:G8範囲をクリアする
function clear(){
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 7, 8).clear();
}

動作確認用サンプル :
//setColor()→clearFormat()の順序で実行

// 準備用:"A2:D9"の範囲に書き込む

function setColor() {
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:D9").activate();
SpreadsheetApp.getActiveRange().setValue('書き込みました!');
SpreadsheetApp.getActiveRange().setFontColor("#00FF00")
}

//"A3:C6"範囲の書式設定だけクリアする
function clearFormat(){
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A3:C6").clear({formatOnly:true});
}

20100930


method clearComment()

戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
function clearcomment() {
  //選択セルにあるコメントを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveCell().clearComment();  

  //選択範囲にあるコメントを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveRange().clearComment();

  //指定セル("B2")のコメントを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("B2").clearComment();
}

20110312


method clearContent()

戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
//フォントと背景色には適応されない

function clearcontent() {

  //選択セルにあるコンテンツを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveCell().clearContent();  

  //選択範囲にあるコンテンツを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveRange().clearContent();

  //指定セル("B2")のコンテンツを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("B2").clearContent();

  //指定の範囲("A1:B4")のコンテンツを削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A1:B4").clearContent();
}  

20110312


method clearFormat()

戻り値 :
Type説明
Range 範囲オブジェクト、連結時に有効
動作確認用サンプル :
//フォントと背景色に適応される

function clearformat() {

  //選択セルにある書式を削除する
  //SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveCell().clearFormat();  

  //選択範囲にある書式を削除する
  //SpreadsheetApp.getActiveSheet().getActiveRange().clearFormat();

  //指定セル("B2")の書式を削除する
  //SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("B2").clearFormat();

  //指定の範囲("A1:B4")の書式を削除する
  SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A1:B4").clearFormat();
}  

20110312


method copyFormatToRange(sheet,startColumn,endColumn,startRow,endRow)

  • 指定された範囲の形式をコピーする

    もしコピー先範囲のサイズがコピー元と異なる場合はコピー元のサイズがそのままが再現されるか、コピー先サイズに応じて切り詰められる

Arguments :
nameType説明
sheetSheet ターゲットシート
startColumnint ターゲット範囲のスタート列
endColumnint ターゲット範囲のエンド列
startRowint ターゲット範囲のスタート行
endRowint ターゲット範囲のエンド行


method copyTo()

  • 範囲内の複数セルのすべてのデータを他の範囲のセルへコピーする
    形式を含むすべてのデータがコピーされます。コンテンツのみ、あるいは形式のみをコピーしたいときはオプション引数の{contentsOnly:true}や {formatOnly:true}を利用します。
    ( 参考 :moveTo)
Arguments :
nameType説明
rangeRange コピー先範囲;左上段のセル位置のみ関連
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments :
nameType説明
formatOnlybool trueならば指定範囲の形式のみをコピー
contentsOnlybool trueならば指定範囲の値のみをコピー
Googleのサンプル :
// The code below will copy the first 5 columns over to the 6th column
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
var rangeToCopy = sheet.getRange(1, 1, sheet.getMaxRows(), 5);
rangeToCopy.copyTo(sheet.getRange(1, 6));

// The code below will copy the first 5 columns over to the 6th column
// but with the values only
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
sheet.getRange("A:E").copyTo(sheet.getRange("F1"), {contentsOnly:true});
動作確認用サンプル :
function copyTo() {
 // The code below will copy the first 5 columns over to the 6th column
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
var rangeToCopy = sheet.getRange(1, 1, sheet.getMaxRows(), 1);

//値と書式(シングルセル)A1をD1へコピー
rangeToCopy.copyTo(sheet.getRange(1, 4));

  //値と書式(複数セル)A1:B4をD2:E5へコピー
var rangeToCopy = sheet.getRange(1, 1, sheet.getMaxRows(), 2);
rangeToCopy.copyTo(sheet.getRange(2, 4));

}


function copyTo2(){ var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet(); //コンテンツのみ A1:B4をD1:E4へコピー var rangeToCopy = sheet.getRange(1, 1, sheet.getMaxRows(), 2); rangeToCopy.copyTo(sheet.getRange(1, 4),{contentsOnly:true}); //書式のみ A1:B4をD5:E8へコピー var rangeToCopy = sheet.getRange(1, 1, sheet.getMaxRows(), 2); rangeToCopy.copyTo(sheet.getRange(5,4),{formatOnly:true}); }

20110311

method copyValuesToRange(sheet,startColumn,endColumn,startRow,endRow)

  • 指定範囲内のコンテンツのコピー
    もしコピー先範囲のサイズがコピー元と異なる場合はコピー元のサイズがそのままが再現されるか、コピー先サイズに応じて切り詰められる
Arguments :
nameType説明
sheetSheet ターゲットシート
startColumnint ターゲット範囲のスタート列
endColumnint ターゲット範囲のエンド列
startRowint ターゲット範囲のスタート行
endRowint ターゲット範囲のエンド行
サンプル :
// The code below copies the top 3x3 cells to the same sized area starting at (5,5)
s = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
r = s.getRange("A1:C3");
r.copyValuesToRange(s, 5, 5 + r.getWidth(), 5, 5 + r.getHeight());


method getBackgroundColor()

  • 範囲内の左上端のセルの背景色を取得する
戻り値 :
Type説明
String セルの背景色のカラーコード
Googleのサンプル :
// The code below will get the background color for the active range
var color = SpreadsheetApp.getActiveRange().getBackgroundColor();
Browser.msgBox(color);
動作確認用サンプル :
// B2,C2,D2に異なる背景色を設定
// B2:E7を取得範囲とする:メッセージボックスに "red" を表示

function getBackgroundColor(){

ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
ss.getRange("B2").setBackgroundColor('red');
ss.getRange("C2").setBackgroundColor('green');
ss.getRange("D2").setBackgroundColor('blue');

target = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 2, 6, 4);
target.setValue("range area");
var color = target.getBackgroundColor();

Browser.msgBox(color);
  
}

20101017


method getBackgroundColors()

  • 範囲内のすべてのセルの背景色を取得する
    JavaScriptの二次元配列を利用して背景色すべてを行と列でインデックス化します。 ( 参考 :getBackgroundColor )
戻り値 :
Type説明
Color [ ] [ ] 複数セルの背景色コードの配列
動作確認用サンプル :
//B2:D5に背景色を設定

function getColors(){
target = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 2, 4, 3);
target.setValue("range area");
var colors = target.getBackgroundColors();

Browser.msgBox(colors);//全セルの各背景色の取得
Browser.msgBox("D5;"+colors[3][2]+" C3;"+colors[1][1]);//D5とC3の背景色の取得
}

20101223


method getA1Notation(e.g.A1:B4)

  • A1セルを含む範囲(e.g. A1:B4)の表記法を取得する
戻り値 :
Type説明
String A1形式の範囲
動作確認用サンプル :
function getA1Notation(){
target = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(3,3,2,4);
target.setValue("range area");
var a1 = target.getA1Notation();
Browser.msgBox(a1);

}

20101223


method getCell(row,column)

  • 元になる範囲の左上端で行と列をインデックス付けされたセルを含む範囲を返す
Arguments :
nameType説明
rowint セルの行
columnint セルの列
戻り値 :
Type説明
Range 指定されたオフセットで1つのセルを含む


method getColumn()

戻り値 :
Type説明
int セルの列インデックス
動作確認用サンプル :
// 実行すると現在選択中のセルからアクティブセルがそれぞれの方向へ移動します。

// 右へ移動
function moveRight() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  cell = ss.getActiveCell();
  var column = cell.getColumn(); 
  var row = cell.getRow();
  Browser.msgBox("( " + row + "," + column + " )" + " から");
  newCellcolumn = column+1;
  ss.getRange(row , newCellcolumn).activate();
  Browser.msgBox("( " + row + "," + newCellcolumn + " )" + " へ移動しました。");  
}

// 左へ移動
function moveLeft() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  cell = ss.getActiveCell();
  var column = cell.getColumn(); 
  var row = cell.getRow(); 
  Browser.msgBox("( " + row + "," + column + " )" + " から");
  newCellcolumn = column-1;
  ss.getRange(row , newCellcolumn).activate();
  Browser.msgBox("( " + row + "," + newCellcolumn + " )" + " へ移動しました。");  
}

// 上へ移動
function moveUp() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  cell = ss.getActiveCell();
  var column = cell.getColumn(); 
  var row = cell.getRow(); 
  Browser.msgBox("( " + row + "," + column + " )" + " から");
  newRow = row-1;
  ss.getRange(newRow , column).activate();
  Browser.msgBox("( " + newRow + "," + column + " )" + " へ移動しました。");  
}

// 下へ移動
function moveDown() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  cell = ss.getActiveCell();
  var column = cell.getColumn(); 
  var row = cell.getRow(); 
  Browser.msgBox("( " + row + "," + column + " )" + " から");
  newRow = row+1;
  ss.getRange(newRow , column).activate();
  Browser.msgBox("( " + newRow + "," + column + " )" + " へ移動しました。");  
}

20110302


method getColumnIndex()

  • 範囲内の左端列の番号を取得する
    ( 参考 :getRowIndex )
戻り値 :
Type説明
int セルの列インデックス
Googleのサンプル :
// The code below will get the column index for the range C2:G8
// in the active spreadsheet, which happens to be "3"
var index = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3,  6, 4).getColumnIndex();
Browser.msgBox(index);
動作確認用サンプル-1 :
// B4:F10に範囲を設定
// 最上段の行インデックス"4",左端列のインデックス"2"を取得

function getRowIndex() {

  var index = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(4, 2, 7,5 );
  
  index.setBackground("gray");

  indexr = index.getRowIndex();
  indexc = index.getColumnIndex();

  Browser.msgBox("最上段の行インデックスは" + indexr + ";" + "左端列のインデックスは" + indexc);

}

20101017

動作確認用サンプル-2 :
// 範囲の列番号と行番号を入力するとR1C1表記を取得

function getMyTable(){
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

  var rowL = Browser.inputBox("範囲上段の行番号を入力してください。");
  var colL = Browser.inputBox("範囲左端の列番号を入力してください。");

  var rowR = Browser.inputBox("範囲下段の行番号を入力してください。");
  var colR = Browser.inputBox("範囲右端の列番号を入力してください。");

  var width = colR - colL + 1;
  var height = rowR - rowL + 1; 

  Browser.msgBox("範囲の表記は" + "(" + rowL + "," + colL + "," + height + "," + width + ")" + "です。");   
}

20110218


method getComment()

  • 範囲内の左上端のコメントを取得する
戻り値 :
Type説明
String セルのコメント
サンプル :
// The code below will get the values for the range C2:G8
// in the active spreadsheet.  Note that this will be a javascript array.
var values = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getValues();
Browser.msgBox(values[0][0]);


method getComments()

  • 範囲内の各セルへのコメントを取得する
    行と列でインデックス化されたすべてのコメントをjavaScriptの二次元配列で返す
    ( 参考 :getComment )
戻り値 :
Type説明
String [ ][ ] 複数セルのコメント


method getFontColor()

戻り値 :
Type説明
String 単一セルのフォントカラーです。クロスブラウザのカラー名、または16進数のトリプル形式である#RRGGBBで指定された色


method getFontColors()

戻り値 :
Type説明
String[ ][ ] 複数セルのフォントカラーです。クロスブラウザのカラー名、または16進数のトリプル形式である#RRGGBBで指定された色


method getFontfamilies()

戻り値 :
Type説明
String[ ][ ] フォント名


method getFontfamily()

戻り値 :
Type説明
String フォント名


method getFontLine()

戻り値 :
Type説明
String セル内のフォントライン(underline,line-through,etc)


method getFontLines()

戻り値 :
Type説明
String[ ] [ ] 複数のフォントライン(underline,line-through,etc)


method getFontSize()

戻り値 :
Type説明
int セル内のフォントサイズ


method getFontSizes()

戻り値 :
Type説明
int[ ] [ ] セル内のフォントサイズ


method getFontStyle()

戻り値 :
Type説明
String セル内のフォントスタイル


method getFontStyles()

戻り値 :
Type説明
String[ ] [ ] セル内のフォントスタイル


method getFontWeight()

戻り値 :
Type説明
String セル内のフォントweight , "normal"または"bold"


method getFontWeights()

戻り値 :
Type説明
String [ ] [ ] font weights - "normal"または"bold"


method getFormula()

戻り値 :
Type説明
String A1セルの数式
サンプル :
// The code below will get the formula in A1 notation for topleft cell in the active range
// A1セルに =4*A2 が入力されていた場合これを表示

var formula = SpreadsheetApp.getActiveRange().getFormula();
Browser.msgBox(formula);


method getFormulaR1C1()

戻り値 :
Type説明
String R1C1形式でA1セルの数式を表示
サンプル :
// The code below will get the formula in R1C1 notation for topleft cell in the active range
// A1セルに =4*A2 が入力されていた場合これを =4*R[1]C[0] と表示

var formula = SpreadsheetApp.getActiveRange().getFormulaR1C1();
Browser.msgBox(formula);


method getFormulas()

戻り値 :
Type説明
String [ ] [ ] A1形式の数式


method getFormulasR1C1()

戻り値 :
Type説明
String [ ] [ ] R1C1形式の数式


method getHeight()

戻り値 :
Type説明
int 範囲の行数
サンプル :
// A2:U23の範囲での実行結果

function getHeight() {
  var height = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A2:U23").getHeight();
  Browser.msgBox(height);
}


method getHorizontalAlignment()

戻り値 :
Type説明
String セル内のhorizontal-alignment-left-center-right


method getHorizontalAlignments()

戻り値 :
Type説明
String [ ] [ ] horizontal-alignment-left-center-right


method getLastColumn()

戻り値 :
Type説明
int 範囲内の最後の列のインデックス
動作確認用サンプル :
// B2:E8範囲に"範囲取得"という範囲名を付ける
// 最終列は5、最終行は8

function getLastRow()
{
   var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
   var range = ss.getSheets()[0].getRange("B2:E8");
   ss.setNamedRange("範囲取得", range);
   range.activate().setBackgroundColor("skyblue");

   var col = range.getLastColumn();
   var row = range.getLastRow();

   Browser.msgBox("最終列は" + col + ";" + "最終行は" +  row)

}

20101028


method getLastRow()

戻り値 :
Type説明
int 範囲内の最後の行のインデックス
動作確認用サンプル :
// B2:E8範囲に"範囲取得"という範囲名を付ける
// 最終列は5、最終行は8

function getLastRow()
{
   var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
   var range = ss.getSheets()[0].getRange("B2:E8");
   ss.setNamedRange("範囲取得", range);
   range.activate().setBackgroundColor("skyblue");

   var col = range.getLastColumn();
   var row = range.getLastRow();

   Browser.msgBox("最終列は" + col + ";" + "最終行は" +  row)

}

20101028


method getNumberFormat()

戻り値 :
Type説明
String 数値の書式


method getNumberFormats()

戻り値 :
Type説明
String [ ] [ ] 数値の書式


method getNumColumns()

戻り値 :
Type説明
int 範囲内のセルの列数
Googleのサンプル :
// The code below will get the number of columns for the range C2:G8
// in the active spreadsheet, which happens to be "4" 
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getNumColumns();
Browser.msgBox(count);
動作確認用サンプル :
// C2:F7を表示して範囲内の列数 "4"を取得

function getNumColumns(){

SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).setBackgroundColor('green');
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getNumColumns();
Browser.msgBox(count);
  
}

20101017


method getNumRows()

戻り値 :
Type説明
int 範囲内のセルの行数
サンプル :
// The code below will get the number of row for the range C2:G8
// in the active spreadsheet, which happens to be "7" (2~8)
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getNumRows();
Browser.msgBox(count);
動作確認用サンプル :
// C2:F7を取得してして行数の "6"を表示
// in the active spreadsheet, which happens to be "6" 

function getNumRows(){

SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).setBackgroundColor('green');
var count = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getNumRows();
Browser.msgBox(count);
  
}

20101017


method getRow()

戻り値 :
Type説明
int セルの行インデックス
動作確認用サンプル :
getColumn( )を参考にして下さい。


method getRowIndex()

戻り値 :
Type説明
int セルの行インデックス
Googleのサンプル :
// The code below will get the row index for the range C2:G8
// in the active spreadsheet, which happens to be "2"
var index = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getRowIndex();
Browser.msgBox(index);
動作確認用サンプル-1 :
// B4:F10に範囲を設定
// 最上段の行インデックス"4",左端列のインデックス"2"を取得

function getRowIndex() {

  var index = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(4, 2, 7,5 );
  
  index.setBackground("gray");

  indexr = index.getRowIndex();
  indexc = index.getColumnIndex();

  Browser.msgBox("最上段の行インデックスは" + indexr + ";" + "左端列のインデックスは" + indexc);

}

20101017

動作確認用サンプル-2 :
// 範囲の列番号と行番号を入力するとR1C1表記を取得

function getMyTable(){
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

  var rowL = Browser.inputBox("範囲上段の行番号を入力してください。");
  var colL = Browser.inputBox("範囲左端の列番号を入力してください。");

  var rowR = Browser.inputBox("範囲下段の行番号を入力してください。");
  var colR = Browser.inputBox("範囲右端の列番号を入力してください。");

  var width = colR - colL + 1;
  var height = rowR - rowL + 1; 

  Browser.msgBox("範囲の表記は" + "(" + rowL + "," + colL + "," + height + "," + width + ")" + "です。");   
}

20110218


method getSheet()

戻り値 :
Type説明
Sheet 指定範囲を持つシート


method getValue()

戻り値 :
Type説明
int/String/Date/bool セルの値(複数タイプが可能)
Googleのサンプル :
// The code below will get the value for topleft cell in the active range
var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
Browser.msgBox(value);
動作確認用サンプル :
// アクティブな範囲の左上端の値を取得する
// あらかじめ範囲の左上端に値を入力の後に改めて範囲を選択して実行し動作を確認

function getValue(){

var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
Browser.msgBox(value);

}

20101025


method getValues()

戻り値 :
Type説明
values[ ] [ ] 範囲内の値
Googleのサンプル :
// The code below will get the values for the range C2:G8
// in the active spreadsheet.  Note that this will be a javascript array.
var values = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 6, 4).getValues();
Browser.msgBox(values[0][0]);
動作確認用サンプル :

//  アクティブなスプレッドシートのC2:G8範囲で
//  javascript 配列
// 値が範囲内に無いときはundefinedを表示

function getValues(){

  var values = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange(2, 3, 7, 5).getValues();

  Browser.msgBox(values[0][0]); // C2を示す
  Browser.msgBox(values[0][4]); // G2を示す
  Browser.msgBox(values[6][0]); // C8を示す
  Browser.msgBox(values[6][4]); // G8を示す
  Browser.msgBox(values[3][2]); // E5を示す

  }


20101031


method getVerticalAlignment()

戻り値 :
Type説明
String vertical-alignment - top/middle/bottom


method getVerticalAlignments()

戻り値 :
Type説明
String[ ] [ ] vertical-alignments - top/middle/bottom


method getWidth()

戻り値 :
Type説明
int 範囲の列数
動作確認用サンプル :
function mergeAcross(){
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

  range = ss.getRange(1,1,2,3);
  range.setBackgroundColor('red');
Browser.msgBox("はじめの範囲-3列です。");
  width = range.getWidth();

  ss.getRange(1,1,2,3).mergeAcross();
  ss.getRange(1,1,2,3).setBackgroundColor('blue')
  
Browser.msgBox("結合しました。さらに1列結合します。");
  ss.getRange(1,1,2,width+1).mergeAcross();
  ss.getRange(1,1,2,width+1).setBackgroundColor('yellow')

Browser.msgBox("元に戻します");
  ss.getRange(1,1,2,width+1).breakApart();
  ss.getRange(1,1,2,width+1).setBackgroundColor('white');
}

20110210


method getWrap()

戻り値 :
Type説明
bool セルの折り返し
動作確認用サンプル :
function wrap() {
  ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

  var wrap = ss.getRange("A1").getWrap();
      Browser.msgBox("A1セルのwrap設定は" + wrap + "です。B5に折り返し設定をします。");
  ss.getRange("B5").setWrap(true);
}

20110305


method getWraps()

戻り値 :
Type説明
bool [ ] [ ] セルの折り返し


method getEndColumn() - 廃止/2010-02-22

method getEndRow() - 廃止/2010-02-22