×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class MailApp : Members
memberType説明
sendEmailユーザーがスクリプトを実行しているとして電子メールを送信する
getRemainingDailyQuotaintユーザーがより多くの電子メールを送信できるようにする方法




method sendEmail(recipients, subject, body, optAdvancedArgs)

  • ユーザーがスクリプトを実行しているとして電子メールを送信する
    電子メールはプレーンテキストとhtml本体の両方を含めることができる。ヘッダーを含むメールのすべての合計サイズが20キロバイトを超えることはできない(添付ファイルを除く)
Arguments :
nameType説明
recipientsString カンマ区切りによるメールアドレスのリスト
subjectString メール表題
bodyString メール本文
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments* :
nameType説明
bccString BBC用のカンマ区切りによるメールアドレスのリスト
ccString CC用のカンマ区切りによるメールアドレスのリスト
htmlBodyString 設定した場合、必要とするbody引数を使用する代わりにHTMLをレンダリングすることができるデバイスが使用する
nameObject 送信者名:初期値はユーザー名
noReplybool 無応答な電子メールアドレスに対して応答しないようにする
replyToString 送信されたメッセージに対する返信用メールアドレス
attachmentsArray 添付ファイル:各項目はJavaScriptオブジェクトで次のプロパティを持つ:文字列のファイル名、文字列のMIMEタイプ(オプション)、文字列の内容
Googleのサンプル :
// The code below will email the topleft cell in the active range to another user
var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
MailApp.sendEmail("mikemike@gmail.com", "value of a cell", "here it is: " + value);
Googleのサンプル :
var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"Insert any HTML content here"}]
MailApp.sendEmail("mikemike@gmail.com", "Attachment example", "Here is my document", {attachments: myFiles});
動作確認用サンプル :
//メール配信が成功した場合はC列に書き込まれる
var EMAIL_SENT = "送信完了";

function sendEmails() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var startRow = 2;  // 処理すべき最初の行データ
  var numRows = 3;   // 処理すべき行数

  // A2:B4のセル範囲を取得
  var dataRange = sheet.getRange(startRow, 1, numRows, 3)

     // 範囲の各行から値を取得
  var data = dataRange.getValues();
  
  for (var i = 0; i < data.length; ++i) {
    var row = data[i];
    var emailAddress = row[0];  // 1番目の列 メールアドレス
    var message = row[1];       // 2番目の列 メッセージ
    var emailSent = row[2];     // 3番目の列 送信済コメント

    if (emailSent != EMAIL_SENT) {  // 重複を防ぐ
      var subject = "sendEmailsテスト";
      MailApp.sendEmail(emailAddress, subject, message);
      sheet.getRange(startRow + i, 3).setValue(EMAIL_SENT);
      // スクリプトが中断された場合、直ちにセルの更新を確認
      SpreadsheetApp.flush();  
    }
  }
}
送信完了後のシート

20101223

動作確認用サンプル :
function sendValue(){

//アクティブにしたセル内の値が送信される
var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
MailApp.sendEmail("sample@gmail.com", "値の送信", "これが値です: " + value);
}

20101223

動作確認用サンプル :
//HTMLファイルを添付する
function Attachment(){
var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"ここにHTMLにしたい内容を書き込みます"}]
MailApp.sendEmail("sample@gmail.com", "添付ファイルの見本", "添付ファルです", {attachments: myFiles});

20101223


method getRemainingDailyQuota()

  • ユーザーがより多くの電子メールを送信できるようにする方法
    現在のユーザーがこの日に異なる受信者に送ることができるメール数の見積もりを返す。
戻り値 :
Type説明
int メール受信可能者の人数
動作確認用サンプル :
function getRemainingDailyQuota(){

  max = MailApp.getRemainingDailyQuota();
  Browser.msgBox("本日の送信可能件数は" +max+ "件です");

}

20101223