×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> Html Services - Base Classes >> Class_HtmlOutput | Class_HtmlService | Class_HtmlTemplate


Class HtmlTemplate

動的にHTMLを構築するためのテンプレート・オブジェクトです。

From Html Services

See also: HtmlOutput, HtmlService


WWW GoogleStyle


Class HtmlTemplate Members

memberType説明
evaluateHtmlOutputこのテンプレートを評価しHtmlOutputオブジェクトを返す
getCodeString評価できるテンプレートファイルに基づいてJavaScriptコードの文字列を生成する
getCodeWithCommentsStringコメントなどのテンプレートから元の行を含むコードの各行に、評価できるJavaScriptコードの文字列を生成する
getRawContentStringこのテンプレートの未処理の内容を返す

evaluate()


このテンプレートを評価しHtmlOutputオブジェクトを返す

評価する際には、このテンプレートオブジェクトで設定したプロパティはスコープ内になります。テンプレート内のエラーをデバッグするには、getCode()メソッドを使用してコードを調べてください。


Return Values
Type説明
HtmlOutputHtmlOutputオブジェクト

Examples

// A template which evaluates to whatever is bound to 'foo'.
var template
=
HtmlService.
createTemplate(
''
);
template.
foo =
'Hello World!'
;
throw template.
evaluate().getContent();
// Should throw 'Hello World!'

getCode()


評価できるテンプレートファイルに基づいてJavaScriptコードの文字列を生成する

テンプレートファイルに基づいてJavaScriptコードの文字列を生成します。eval(<code>)を呼び出すと、埋め込まれたサーバー・スクリプトすべてを実行した後にテンプレートの内容を持つ新しいHtmlOutputオブジェクトを返します。 生成されたコードは可読なので、もしテンプレートをデバッグしたいときは、Logger.log(<code>)を呼び出せば生成されたものが何かを確かめることができます。

このコードを評価すると、暗黙のうちに現在のスコープ内にあるすべての変数にバインドします。明示的なバインディングをとるeval(<code>)メソッドを用いるほうが一般的です。

See also: getCodeWithComments


Return Values
Type説明
String評価可能なテンプレートに基づいた文字列

getCodeWithComments()


コメントなどのテンプレートから元の行を含むコードの各行に、評価できるJavaScriptコードの文字列を生成する

テンプレートファイルに基づいてJavaScriptコードの文字列を生成します。eval(<code>)を呼び出すと、埋め込まれたサーバー・スクリプトすべてを実行した後にテンプレートの内容を持つ新しいHtmlOutputオブジェクトを返します。 生成されたコードは可読なので、もしテンプレートをデバッグしたいときは、Logger.log(<code>)を呼び出せば生成されたものが何かを確かめることができます。

このコードを評価すると、暗黙のうちに現在のスコープ内にあるすべての変数にバインドします。明示的なバインディングをとるeval(<code>)メソッドを用いるほうが一般的です。

See also: getCode


Return Values
Type説明
String評価可能なテンプレートに基づいた文字列

getRawContent()


このテンプレートの未処理の内容を返す


Return Values
Type説明
Stringテンプレートの生のコンテンツ

2012-11-26


pageTOP