×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



>> Html Services - Base Classes >> Class_HtmlOutput | Class_HtmlService | Class_HtmlTemplate


Class HtmlOutput

スクリプトから提供されるHtmlOutputオブジェクトです。

From Html Services

セキュリティを考慮すれば、スクリプトが直接ブラウザにHTMLを返すことはできません。代わりに、悪意のあるアクションを実行できないようにするために、スクリプトをサニタイズする必要があります。


WWW GoogleStyle


下のようにしてサニタイズされているHTMLを返すことができます。


function
doGet() {
return
HtmlService.
createHtmlOutput(
"hello world"
); }

HtmlOutput内のコードには埋め込みのJavaScriptとCSSを含めることができます。(これはDOM操作をする標準的なJavaScriptクライアントで、Google.Apps.Scriptではありません)

すべてのコンテンツは、いくつかの制限を行う(JavaScriptは許可されているものとして)Google.Cajaによってサニタイズされます。 どのようなJavaScriptもES5-strict規格に準拠している必要があります。そうすれば、すべてではありませんが、ほとんどの標準的なJavaScripを使用可能にします。
ES5-strict規格で許可されている"eval"構文は、ある種のブラウザ内でのみGoogle.Apps.Scriptでサポートされている例外です。一般的には、"eval"構文が利用できるからといっても、これに依存するのは得策ではありません。

See also: HtmlService, HtmlTemplate

Class HtmlOutput Members

memberType説明
appendHtmlOutput提供されるコンテンツに新しいコンテンツを追加する
appendUntrustedHtmlOutput提供されるコンテンツに、コンテキストのエスケープを利用して新しいコンテンツを追加する
asTemplateHtmlOutputこのHtmlOutputに裏付けられたHtmlTemplateを返す
clearHtmlOutput現在のコンテンツをクリアする
getContentString提供されるコンテンツを取得する
getHeightint出力ダイアログの高さを取得する
getTitleString出力ダイアログのタイトルを取得する
getWidthint出力ダイアログの横幅を取得する
setContentHtmlOutput提供されるコンテンツを設定する
setHeightHtmlOutput出力ダイアログの高さを設定する
setTitleHtmlOutput出力ダイアログのタイトルを設定する
setWidthHtmlOutput出力ダイアログの横幅を設定する

append(addedContent)


提供されるコンテンツに新しいコンテンツを追加する

エスケープできないため、信頼できるソースからのコンテンツでメソッドを使用します。

See also: appendUntrusted

Agument
nameType説明
addedContentString追加すべきコンテンツ

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

appendUntrusted(addedContent)


提供されるコンテンツに、コンテキストのエスケープを利用して新しいコンテンツを追加する

このメソッドはHtmlOutputの現在の状態に基づいて正しくコンテンツをエスケープします。その結果は、マークアップや副作用から安全な文字列になります。 信頼されないソースからコンテンツを追加するときに、(ユーザーからの)コンテンツまたはマークアップが予期しないコードの実行を引き起こすようなクロスサイトスクリプティング(XSS)のバグを許可しないためにappendの代わりに使います。

See also: append

Agument
nameType説明
addedContentString追加すべきコンテンツ

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

asTemplate()


このHtmlOutputに裏付けられたHtmlTemplateを返す

HtmlOutputへの将来的な変更後も、同様にHtmlTemplateの内容に影響を与えます。


Return Values
Type説明
HtmlTemplate新規のHtmlTemplate

clear


現在のコンテンツをクリアする


Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

getContent


提供されるコンテンツを取得する


Return Values
Type説明
String提供されるはずのコンテンツ

getHeight()


出力ダイアログの高さを取得する

スプレッドシート内でHtmlOutputを表示する場合にのみ関係があります。

See also: getWidth


Return Values
Type説明
int高さのピクセル値

getTitle()


出力ダイアログのタイトルを取得する


Return Values
Type説明
Stringページのタイトル

getWidth()


出力ダイアログの横幅を取得する

スプレッドシート内でHtmlOutputを表示する場合にのみ関係があります。

See also: getHeight


Return Values
Type説明
int横幅のピクセル値

setContent(content)


提供されるコンテンツを設定する

Agument
nameType説明
contentString提供すべきコンテンツ

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

setHeight(height)


出力ダイアログの高さを設定する

スプレッドシート内でHtmlOutputを表示する場合にのみ関係があります。HtmlOutputがWebアプリケーションとして発行される場合は無視されます。

See also: setWidth

Agument
nameType説明
heightint新規の高さのピクセル値

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

setTitle(title)


出力ダイアログのタイトルを設定する

ページ全体のタイトルです。一方でスプレッドシート内で表示されるHtmlOutputでは、これはダイアログのタイトルになります。

Agument
nameType説明
titleString新規のタイトル

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

setWidth(width)


出力ダイアログの横幅を設定する

スプレッドシート内でHtmlOutputを表示する場合にのみ関係があります。HtmlOutputがWebアプリケーションとして発行される場合は無視されます。

See also: setHeight

Agument
nameType説明
widthint新規の横幅のピクセル値

Return Values
Type説明
HtmlOutputこのHtmlOutput(チェーニング有効)

2012-11-25


pageTOP