×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class GmailApp : Members
memberType説明
createLabelGmailLabel新規ユーザーの指定されたラベルを作成する
deleteLabelGmailApp特定のラベルを削除する
getChatThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのチャットのスレッドを取得する
getChatThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくチャットのスレッドの範囲を取得する
getInboxThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべての受信トレイ内のスレッドを取得する
getInboxThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべての受信トレイ内のスレッドの範囲を取得する
getInboxUnreadCountint受信トレイ内の未読スレッド数を取得する
getMessageByIdGmailMessage特定されたIDのメッセージを取得する
getMessagesForThreadGmailMessage[ ]特定されたスレッドのメッセージを取得する
getMessagesForThreadsGmailMessage[ ] [ ]特定された複数スレッドのメッセージを取得する
getPriorityInboxThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なく優先される受信トレイ内のスレッドを取得する
getPriorityInboxThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なく優先される受信トレイ内のスレッドの範囲を取得する
getPriorityInboxUnreadCountint優先される受信トレイ内で未読スレッド数を取得する
getStarredThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのスター付きのスレッドを取得する
getStarredThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのスター付きのスレッドの範囲を取得する
getStarredUnreadCountintスター付きの未読のスレッド数を取得する
getSpamThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのスパムスレッドを取得する
getSpamThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのスパムスレッドの範囲を取得する
getSpamUnreadCountint未読のスパムスレッド数を取得する
getThreadByIdGmailThread特定IDのスレッドを取得する
getTrashThreadsGmailThreadラベルに関係なくすべてのゴミ箱のスレッドを取得する
getTrashThreadsGmailThread[ ]ラベルに関係なくすべてのゴミ箱のスレッドの範囲を取得する
getUserLabelByNameGmailLabel指定された名前のラベルを取得する
getUserLabelsGmail[ ]ラベルの作成されたユーザーリストを取得する
markMessageReadGmailApp特定のメッセージを既読としてマークする
markMessageUnreadGmailApp特定のメッセージを未読としてマークする
markMessagesReadGmailApp特定の複数メッセージを既読としてマークする
markMessagesUnreadGmailApp特定の複数メッセージを未読としてマークする
markThreadImportantGmailApp特定のスレッドを重要としてマークする
markThreadUnimportantGmailApp特定のスレッドを通常としてマークする
markThreadReadGmailApp既読スレッドとしてマークする
markThreadUnreadGmailApp未読スレッドとしてマークする
markThreadsImportantGmailApp特定の複数スレッドを重要としてマークする
markThreadsUnimportantGmailApp特定の複数スレッドを通常としてマークする
markThreadsReadGmailApp特定の複数スレッドを既読としてマークする
markThreadsUnreadGmailApp特定の複数スレッドを未読としてマークする
moveMessageToTrashGmailApp特定のメッセージをゴミ箱に移動する
moveMessagesToTrashGmailApp特定の複数メッセージをゴミ箱に移動する
moveThreadToArchiveGmailApp特定のスレッドをアーカイブに移動する
moveThreadToInboxGmailApp特定のスレッドを受信箱に移動する
moveThreadToSpamGmailApp特定のスレッドをスパムに移動する
moveThreadToTrashGmailApp特定のスレッドをゴミ箱に移動する
moveThreadsToArchiveGmailApp特定の複数スレッドをアーカイブに移動する
moveThreadsToInboxGmailApp特定の複数スレッドを受信箱に移動する
moveThreadsToSpamGmailApp特定の複数スレッドをスパムに移動する
moveThreadsToTrashGmailApp特定の複数スレッドをゴミ箱に移動する
refreshMessageGmailAppメッセージとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する
refreshMessagesGmailApp複数メッセージとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する
refreshThreadGmailAppスレッドとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する
refreshThreadsGmailApp複数スレッドとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する
searchGmailThread[ ]指定されたクエリによりGmailを検索する
searchGmailThread[ ]指定されたクエリによりGmailを検索する
sendEmailGmailAppメールを送信する
starMessageGmailApp特定のメッセージにスターをつける
starMessagesGmailApp特定の複数メッセージにスターをつける
unstarMessageGmailApp特定のメッセージのスターを取り消す
unstarMessagesGmailApp特定の複数メッセージのスターを取り消す



createLabel(name)

  • 新規ユーザーの指定されたラベルを作成する
Arguments :
nameType説明
nameString 新規に作成されたラベル名
戻り値 :
Type説明
GmailLabel 新規に作成されたラベル
サンプル :
// creates the label @FOO and logs label: FOO
Logger.log("label: " + GmailApp.createLabel("FOO"));


deleteLabel(label)

  • 特定のラベルを削除する
Arguments :
nameType説明
labelGmailLabel 削除されるラベル
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス
サンプル :
// have to get the label by name first
var label = GmailApp.getUserLabelByName("FOO");
GmailApp.deleteLabel(label);


getChatThreads()

  • ラベルに関係なくすべてのチャットのスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// get all chat threads (max of 500)
var threads = GmailApp.getChatThreads();
Logger.log("# of chat threads: " + threads.length);


getChatThreads(start, max)

  • ラベルに関係なくチャットのスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得する最初のスレッドのインデックス
maxint 取得するスレッドの最大数
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// get first 50 chat threads
var threads = GmailApp.getChatThreads(0,50);
// will log no more than 50.0
Logger.log(threads.length);
Logger.log(threads[0].getFirstMessageSubject()); 


getInboxThreads()

  • ラベルに関係なくすべての受信トレイ内のスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// Log the subject lines of your inbox
var threads = GmailApp.getInboxThreads();
for (var i = 0; i < threads.length; i++) {
  Logger.log(threads[i].getFirstMessageSubject());
}


getInboxThreads(start, max)

  • ラベルに関係なくすべての受信トレイ内のスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得する最初のスレッドのインデックス
maxint 取得するスレッドの最大数
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// Log the subject lines of up to the first 50 emails in your inbox
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 50);
for (var i = 0; i < threads.length; i++) {
  Logger.log(threads[i].getFirstMessageSubject());
}


getInboxUnreadCount()

  • 受信散トレイ内の未読スレッド数を取得する
戻り値 :
Type説明
int 未読メッセージの数
サンプル :
Logger.log("Messages unread in inbox: " + GmailApp.getInboxUnreadCount());


getMessageById(id)

  • 特定されたIDのメッセージを取得する
    参考;getThreadById
Arguments :
nameType説明
idString 取得すべきメッセージのid
戻り値 :
Type説明
GmailMessage 指定されたidのメッセージ
サンプル :
// get the first message in the first thread of your inbox
var message = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
// get it's id
var messageId = message.getId();
// now fetch the same message by that id
var messageById = GmailApp.getMessageById(messageId); 
// should always log true as they should be the same message
Logger.log(message.getSubject() == messageById.getSubject());


getMessagesForThread(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread 取得すべきメッセージのスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailMessage[ ] メッセージの配列
サンプル :
// Log all the subject lines in the first thread of your inbox
var thread = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0];
var messages = GmailApp.getMessagesForThread(thread);
for (var i = 0 ; i < messages.length; i++) {
  Logger.log("subject: " + messages[i].getSubject());
}

getMessagesForThreads(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread 取得すべきメッセージの複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailMessage[ ] 複数メッセージの配列
サンプル :
// Log the subject lines of all messages in the first two threads of your inbox
var thread = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
var messages = GmailApp.getMessagesForThreads(thread);
for (var i = 0 ; i < messages.length; i++) {
  for (var j = 0; j < messages[i].length; j++) {
    Logger.log("subject: " + messages[i][j].getSubject());
  }
}

getPriorityInboxThreads()

  • ラベルに関係なく優先される受信トレイ内のスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
Logger.log("# of messages in your priority inbox " + GmailApp.getPriorityInboxThreads().length);

getPriorityInboxThreads(start, max)

  • ラベルに関係なく優先される受信トレイ内のスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得すべき最初のスレッドのインデックス
maxint 取得すべきスレッド数の最大値
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// will log some number 2 or less
Logger.log("# of messages in your priority inbox " + GmailApp.getPriorityInboxThreads(0, 2).length);

getPriorityInboxUnreadCount()

  • 受信トレイ内の未読スレッド数を取得する
戻り値 :
Type説明
int 未読メッセージのあるスレッド数
サンプル :
Logger.log("Number of unread emails in your priority inbox : " + GmailApp.getPriorityInboxUnreadCount());

getStarredThreads()

  • ラベルに関係なくすべてのスター付きのスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// logs the number of starred threads
Logger.log("# Starred threads: " + GmailApp.getStarredThreads().length);

getStarredThreads(start, max)

  • ラベルに関係なくすべてのスター付きのスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得すべき最初のスレッドのインデックス
maxint 取得すべきスレッド数の最大値
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// logs the number of starred threads to a maximum of 5
Logger.log("# Starred threads: " + GmailApp.getStarredThreads(0, 5).length);

getStarredUnreadCount()

  • スター付きの未読のスレッド数を取得する
戻り値 :
Type説明
int 未読メッセージのあるスレッド数
サンプル :
Logger.log("# unread and starred: " + GmailApp.getStarredUnreadCount());

getSpamThreads()

  • ラベルに関係なくすべてのスパムスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
Logger.log("# of total spam threads: " + GmailApp.getSpamThreads().length);

getSpamThreads(start, max)

  • ラベルに関係なくすべてのスパムスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得すべき最初のスレッドのインデックス
maxint 取得すべきスレッド数の最大値
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] Gmail threadsの配列
サンプル :
// will log a number at most 5
Logger.log("# of total spam threads: " + GmailApp.getSpamThreads(0, 5).length);

getSpamUnreadCount()

  • 未読のスパムスレッド数を取得する
戻り値 :
Type説明
int 未読メッセージのあるスレッド数を取得する
サンプル :

//実際にスパムフォルダで何かを読んでいない限り、
//これは迷惑メールフォルダ内の#メッセージと同じです

Logger.log("# unread and spam: " + GmailApp.getStarredUnreadCount());

getThreadById(id)

  • 特定IDのスレッドを取得する -- GmailのスレッドでgetID()とあわせて使用する

    参考;getMessageById

Arguments :
nameType説明
idString 取得すべきスレッドのid
戻り値 :
Type説明
GmailThread 指定されたidのスレッド
サンプル :
// thread ids can also be found in the location bar when you have a thread open in gmail
// get first inbox thread
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
// get the same thread by id
var threadById = GmailApp.getThreadById(firstThread.getId());
// verify they are the same
Logger.log(firstThread.getFirstMessageSubject() == threadById.getFirstMessageSubject());

getTrashThreads()

  • ラベルに関係なくすべてのゴミ箱のスレッドを取得する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

戻り値 :
Type説明
GmailThread Gmail threadsの配列
サンプル :
Logger.log("# of total trash threads: " + GmailApp.getTrashThreads().length);

getTrashThreads(start, max)

  • ラベルに関係なくすべてのゴミ箱のスレッドの範囲を取得する
Arguments :
nameType説明
startint 取得すべき最初のスレッドのインデックス
maxint 取得すべきスレッド数の最大値
戻り値 :
Type説明
GmailThread Gmail Threadの配列
サンプル :
// will log a number at most 5
Logger.log("# of total trash threads: " + GmailApp.getTrashThreads(0, 5).length);

getUserLabelByName(name)

  • 指定された名前のラベルを取得する

    参考;getUserLabels

Arguments :
nameType説明
nameString 取得すべきラベルの名前
戻り値 :
Type説明
GmailLabel 指定された名前のGmailラベル
サンプル :
var labelObject = GmailApp.getUserLabelByName("myLabel");

getUserLabels()

  • ラベルの作成されたユーザーリストを取得する

    参考;getUserLabel

戻り値 :
Type説明
Gmail ラベルのあるユーザーの配列
サンプル :
// logs all of the names of your labels
var labels = GmailApp.getUserLabels();
for (var i = 0; i < labels.length; i++) {
  Logger.log("label: " + labels[i].getName());
}

markMessageRead(message)

  • 特定のメッセージを既読としてマークする

    参考;markMessageUnread

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage 既読にされるべきメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// mark the first message in the first thread of your inbox as read
var message = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
GmailApp.markMessageRead(message);

markMessageUnread(message)

  • 特定のメッセージを未読としてマークする

    参考;markMessageRead

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage 未読にされるべきメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// mark the first message in the first thread of your inbox as unread
var message = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
GmailApp.markMessageUnread(message);

markMessagesRead(messages)

  • 特定の複数メッセージを既読としてマークする

    参考;markMessagesUnread

Arguments :
nameType説明
messagesGmailMessage[ ] 既読にされるべき複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// mark first three messages in the first inbox thread as read
// assumes that the first inbox thread has 3 messages in it
var threadMessages = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages();
var messages = [threadMessages[0], threadMessages[1], threadMessages[2]];
GmailApp.markMessagesRead(thread.getMessages());

markMessagesUnread(messages)

  • 特定の複数メッセージを未読としてマークする

    参考;markMessagesRead

Arguments :
nameType説明
messagesGmailMessage[ ] 未読にされるべき複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// mark first three messages in the first inbox thread as unread
// assumes that the first inbox thread has 3 messages in it
var threadMessages = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages();
var messages = [threadMessages[0], threadMessages[1], threadMessages[2]];
GmailApp.markMessagesUnread(thread.getMessages());

markThreadImportant(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 重要マークをされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as important
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsImportant(threads);

markThreadsUnimportant(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 通常マークをされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as unimportant
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsUnimportant(threads);

markThreadRead(thread)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 既読としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// marks first inbox thread as read
var thread = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0];
GmailApp.markThreadRead(thread);

markThreadUnread(thread)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 未読としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// marks first inbox thread as unread
var thread = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0];
GmailApp.markThreadUnread(thread);

markThreadsImportant(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 重要としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as important
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsImportant(threads);

markThreadsUnimportant(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 通常としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as unimportant
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsUnimportant(threads);

markThreadsRead(threads)

  • 特定の複数スレッドを既読としてマークする

    参考;markThreadsUnread

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 既読としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as read
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsRead(threads);

markThreadsUnread(threads)

  • 特定の複数スレッドを未読としてマークする

    参考;markThreadsRead

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 未読としてマークされるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Marks first two threads in inbox as unread
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 2);
GmailApp.markThreadsUnread(threads);

moveMessageToTrash(message)

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage ゴミ箱に移動させるメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// move the first message in your inbox to trash
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var firstMessage = firstThread.getMessages()[0];
GmailApp.moveMessageToTrash(firstMessage);

moveMessagesToTrash(messages)

Arguments :
nameType説明
messagesGmailMessage[ ] ゴミ箱に移動させる複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// move first two messages in your inbox to trash
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var messages = firstThread.getMessages();
var toDelete = [messages[0], messages[1]];
GmailApp.moveMessagesToTrash(toDelete);

moveThreadToArchive(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread アーカイブされるスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// archive first inbox thread
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
GmailApp.moveThreadToArchive(firstThread);

moveThreadToInbox(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread 受信トレイに移動されるスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// find a thread not already in your inbox
var thread = GmailApp.search("-in:inbox")[0]; // get the first one
GmailApp.moveThreadToInbox(thread);

moveThreadToSpam(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread スパムとしてマークされたスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// tag first thread in inbox as spam
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
GmailApp.moveThreadToSpam(firstThread);

moveThreadToTrash(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread ゴミ箱へ移動すべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// move first thread in inbox to trash
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
GmailApp.moveThreadToTrash(firstThread);

moveThreadsToArchive(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] アーカイブされる複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// archive first two threads in your inbox
var firstTwoThreads = GmailApp.getInboxThreads(0,2);
GmailApp.moveThreadsToArchive(firstTwoThreads);

moveThreadsToInbox(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 受信トレイに移動される複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// find two threads not already in your inbox
var threads = GmailApp.search("-in:inbox", 0, 2)[0]; // get the first ones
GmailApp.moveThreadsToInbox(thread);

moveThreadsToSpam(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] スパムとしてマークされた複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// mark first two threads in your inbox as spam
var firstTwoThreads = GmailApp.getInboxThreads(0,2);
GmailApp.moveThreadsToSpam(firstTwoThreads);

moveThreadsToTrash(threads)

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] ゴミ箱へ移動すべき複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// move first two threads in your inbox to trash
var firstTwoThreads = GmailApp.getInboxThreads(0,2);
GmailApp.moveThreadsToTrash(firstTwoThreads);

refreshMessage(message)

Arguments :
nameType説明
messageGmailmessage 更新されるべきメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var firstMessage = firstThread.getMessages()[0];
// ...do something that may take a while here....
GmailApp.refreshMessage(firstMessage);
// ...do more stuff with firstMessage...

refreshMessages(messages)

  • 複数メッセージとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する

    参考;refreshMessage, refreshThread,

Arguments :
nameType説明
messagesGmailmessage[ ] 更新されるべき複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var coupleOfMessages = firstThread.getMessages().slice(0, 2);
// ...do something that may take a while here....
GmailApp.refreshMessages(coupleOfMessages);
// ...do more stuff with coupleOfMessages...

refreshThread(thread)

Arguments :
nameType説明
threadGmailThread 更新されるべきスレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
// ...do something that may take a while here....
GmailApp.refreshThread(firstThread);
// ... do more stuff with the thread ...

refreshThreads(threads)

  • 複数スレッドとこれに関連付けられたラベルや開封の有無を更新する

    参考;refreshMessage, refreshThread,

Arguments :
nameType説明
threadsGmailThread[ ] 更新されるべき複数スレッド
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
var threads = GmailApp.getInboxThreads(0, 3);
// ...do something that may take a while here....
GmailApp.refreshThreads(threads);
// ... do more stuff with threads ...
  • 指定されたクエリによりGmailを検索する

    この呼び出しはシステムが制御するには大きすぎるスレッドサイズの場合はエラーとなる。 スレッドサイズが未知、または前以て非常に大きいと思われる場合は”paged”を呼び出して、呼び出しのなかで回収されるスレッド範囲を特定する。

Arguments :
nameType説明
queryString 検索クエリ
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] 指定されたクエリにマッチしたGmail threadsの配列
サンプル :
// find starred messages with subject IMPORTANT
var threads = GmailApp.search('is:starred subject:"IMPORTANT"');
  • 指定されたクエリによりGmailを検索する
Arguments :
nameType説明
queryString 検索クエリ
startint 最初のスレッドのインデックス
maxint 返すべきスレッド数の最大値
戻り値 :
Type説明
GmailThread[ ] 指定されたクエリにマッチしたGmail threadsの配列
サンプル :
// find starred messages with subject IMPORTANT and return second batch of 10
// assumes there are at least 11 of them, otherwise this will return an empty array.
var threads = GmailApp.search('is:starred subject:"IMPORTANT"', 10, 10);

method sendEmail(recipients, subject, body, optAdvancedArgs)

  • ユーザーがスクリプトを実行しているとして電子メールを送信する
    電子メールはプレーンテキストとhtml本体の両方を含めることができる。ヘッダーを含むメールのすべての合計サイズが20キロバイトを超えることはできない(添付ファイルを除く)
Arguments :
nameType説明
recipientsString カンマ区切りによるメールアドレスのリスト
subjectString メール表題
bodyString メール本文
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments* :
nameType説明
bccString BBC用のカンマ区切りによるメールアドレスのリスト
ccString CC用のカンマ区切りによるメールアドレスのリスト
htmlBodyString 設定した場合、必要とするbody引数を使用する代わりにHTMLをレンダリングすることができるデバイスが使用する
nameObject 送信者名:初期値はユーザー名
noReplybool 無応答な電子メールアドレスに対して応答しないようにする
replyToString 送信されたメッセージに対する返信用メールアドレス
attachmentsArray 添付ファイル:各項目はJavaScriptオブジェクトで次のプロパティを持つ:文字列のファイル名、文字列のMIMEタイプ(オプション)、文字列の内容
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
Googleのサンプル :
// The code below will email the topleft cell in the active range to another user
var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
MailApp.sendEmail("mikemike@gmail.com", "value of a cell", "here it is: " + value);
Googleのサンプル :
var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"Insert any HTML content here"}]
MailApp.sendEmail("mikemike@gmail.com", "Attachment example", "Here is my document", {attachments: myFiles});
動作確認用サンプル :

//メール配信が成功した場合はC列に書き込まれる
var EMAIL_SENT = "送信完了";

function sendEmails() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var startRow = 2;  // 処理すべき最初の行データ
  var numRows = 3;   // 処理すべき行数

  // A2:B4のセル範囲を取得
  var dataRange = sheet.getRange(startRow, 1, numRows, 3)

     // 範囲の各行から値を取得
  var data = dataRange.getValues();
  
  for (var i = 0; i < data.length; ++i) {
    var row = data[i];
    var emailAddress = row[0];  // 1番目の列 メールアドレス
    var message = row[1];       // 2番目の列 メッセージ
    var emailSent = row[2];     // 3番目の列 送信済コメント

    if (emailSent != EMAIL_SENT) {  // 重複を防ぐ
      var subject = "sendEmailsテスト";
      MailApp.sendEmail(emailAddress, subject, message);
      sheet.getRange(startRow + i, 3).setValue(EMAIL_SENT);
      // スクリプトが中断された場合、直ちにセルの更新を確認
      SpreadsheetApp.flush();  
    }
  }
}
送信完了後のシート

20101223

動作確認用サンプル :
function sendValue(){

//アクティブにしたセル内の値が送信される
var value = SpreadsheetApp.getActiveRange().getValue();
MailApp.sendEmail("sample@gmail.com", "値の送信", "これが値です: " + value);
}

20101223

動作確認用サンプル :
//HTMLファイルを添付する
function Attachment(){
var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"ここにHTMLにしたい内容を書き込みます"}]
MailApp.sendEmail("sample@gmail.com", "添付ファイルの見本", "添付ファルです", {attachments: myFiles});

20101223

Googleのサンプル :
function inlineImage() {
  var googleLogoBlob = UrlFetchApp.fetch(
  "http://www.google.com/intl/en_com/images/srpr/logo3w.png").getBlob().setName("googleLogoBlob");
  var youtTubeLogoBlob = UrlFetchApp.fetch(
  "http://s.ytimg.com/yt/img/logos/youtube_logo_standard_againstwhite-vflKoO81_.png").getBlob().setName("youtTubeLogoBlob");

  MailApp.sendEmail(
    "sg.appsscript@gmail.com",
    "Logos",
    "", 
    { htmlBody: 
         "inline Google Logo images! 
inline YouTube Logo ", inlineImages: { googleLogo: googleLogoBlob, youTubeLogo:youtTubeLogoBlob } } ); }

starMessage(message)

  • 特定のメッセージにスターをつける

    参考;starMessages

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage スターをつけるメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Stars the first message in the first thread in your inbox
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var message = firstThread.getMessages()[0];
GmailApp.starMessage(message);

starMessage(messages)

  • 特定の複数メッセージにスターをつける

    参考;starMessage

Arguments :
nameType説明
messagesGmailMessage[ ] スターをつける複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Stars the first three messages in the first thread in your inbox
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var coupleOfMessages = firstThread.getMessages().slice(0, 3);
GmailApp.starMessages(coupleOfMessages);

unstarMessage(message)

  • 特定のメッセージのスターを取り消す

    参考;unstarMessages

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage スターを取り消すメッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// Stars the first three messages in the first thread in your inbox
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var coupleOfMessages = firstThread.getMessages().slice(0, 3);
GmailApp.starMessages(coupleOfMessages);

unstarMessages(messages)

  • 特定の複数メッセージのスターを取り消す

    参考;unstarMessage

Arguments :
nameType説明
messageGmailMessage[ ] スターを取り消す複数メッセージ
戻り値 :
Type説明
GmailApp Gmailサービス(連結時に有効)
サンプル :
// unstars the first three messages in the first thread in your inbox
var firstThread = GmailApp.getInboxThreads(0,1)[0];
var coupleOfMessages = firstThread.getMessages().slice(0, 3);
GmailApp.unstarMessages(coupleOfMessages);