×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

| About.. | Google Docs Guide,Help | Template Gallery | helpforum | IT用語辞典バイナリ |

テキストに関する関数


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索


REPT :
構文機能
REPT(文字, 繰り返す回数) 文字を指定された回数コピーする:コピーを繰り返されたテキスト:255文字まで許される
サンプル :
* 引数に小数を与えた場合は整数部分の個数を数える
* 引数に負を与えた場合はエラー
* 簡単なグラフ作成には利用価値がありそう

2010/10/27


MID :
構文機能
MID(テキスト, 開始位置, 拾い出す個数) 文字列のテキスト(抽出すべき文字を含むテキスト)部分を返す ;パラメーターは開始位置と文字の個数;(引数)スタート;抽出するテキストの最初の文字の位置/ (引数)数;テキストの一部の文字の数
サンプル :
* サンプルは宝くじ(5等?)のチェック

2010/10/31

サンプル :
=LEFT( ),=MID( ),=RIGHT( ),CONCATENATE( )の4つの関数を利用して10桁の電話番号を分解~結合

2010/11/22


CONCATENATE :
構文機能
CONCATENATE(text_1, text_2, ..., text_30) 文字列をひとつに連結する(テキストは30まで可能) * 参考;演算子 CONCAT(value_1, value_2)・・CONCATENATEとの違いがはっきりしないが3個以上ではエラーが発生(調査中)
サンプル :
* "&" で繋いでも可能

2010/11/01


UPPER :
構文機能
UPPER(text) 与えられた小文字だけ、または小文字と大文字の混在した英単語を大文字だけにする;書式を統一させるときなどに便利
サンプル :

2010/11/12


LOWER :
構文機能
UPPER(text) 与えられた大文字だけ、または小文字と大文字の混在した英単語を小文字だけにする;書式を統一させるときなどに便利
サンプル :

2010/11/12


TEXT :
構文機能
TEXT(number, format) 数値を与えられた書式設定に従った文字列に変換する; 引数(number)は変換すべき数的な値;引数(format)は変換後のテキストの書式を定義する; 小数やカンマ区切りはセルの書式設定に従う
サンプル :

2010/11/22


LEFT :
構文機能
LEFT(値,抜き出す文字数) 値の左端から文字を抜き出す 引数Numberは(オプション)左端から抜き出す文字数 ;指定されなければ一文字抜き出す
サンプル :
=LEFT( ),=MID( ),=RIGHT( ),CONCATENATE( )の4つの関数を利用して10桁の電話番号を分解~結合
* 数値、文字のどちらでも動作したが。

Google SpreadSheet 関数のサンプル集
APPS SCRIPTを利用したサンプルで確かめられます。

2010/11/22


構文機能
RIGHT(値,抜き出す文字数) 値の右端から文字を抜き出す ;引数Numberは(オプション)右端から抜き出す文字数 ;指定されなければ一文字抜き出す
サンプル :
=LEFT( ),=MID( ),=RIGHT( ),CONCATENATE( )の4つの関数を利用して10桁の電話番号を分解~結合
* 数値、文字のどちらでも動作したが。

2010/11/22


SPLIT :
構文機能
SPLIT(string, delimiter) 指定された区切り文字に基づいてテキストを分割し、各セクションを行の別々の列に入れる; 区切り文字→【;】【,】【:】【a】などを【""】で囲む:日時、NULL または空白は不可; 区切り文字がない場合は文字列全体が返される
サンプル :

2011/01/21


ROMAN :
構文機能
ROMAN(number, form) 数値をローマ数字に変換する;引数(number)→変換したい数値、 引数(form)→0~4まで;値を大きくするほどローマ数字が簡略化される(オプション)Google ドキュメント/ ROMAN 関数
サンプル :
1998	MCMXCVIII     =ROMAN(J4)
1998	MCMXCVIII     =ROMAN(J5,0)
1998	MLMVLIII      =ROMAN(J6,1)
1998	MXMVIII	      =ROMAN(J7,2)
1998	MVMIII	      =ROMAN(J4,3)
1998	MVMIII	      =ROMAN(J9,4)

2011/01/21


EXACT :
構文機能
EXACT(text_1, text_2) 第1引数と第2引数の2つの文字列を比較して同一ならばTRUEを返す;大文字と小文字を区別する
サンプル :
//B2;=EXACT(A$1,A2)
//C2;=if(B2 = true,"同値です","")
//実際に利用する場合はB列の数式だけでOK。C列の数式は【=if(EXACT(A□,A■)=true,"同値です","")】と同じこと

Google SpreadSheet 関数のサンプル集
APPS SCRIPTを利用したサンプルで確かめられます。

2011/02/26