×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

| About.. | Google Docs Guide,Help | Template Gallery | helpforum | IT用語辞典バイナリ |

統計に関する関数

  • AVEDEV AVERAGE AVERAGEA BINOMDIST CONFIDENCE CORREL COVAR CRITBINOM DEVSQ EXPONDIST FISHER FISHERINV FORECAST FREQUENCY GAMMALN GEOMEAN GROWTH HARMEAN HYPGEOMDIST INTERCEPT KURT LARGE LINEST LOGEST LOGINV LOGNORMDIST MAX MAXA MEDIAN MIN MINA MODE NEGBINOMDIST NORMDIST NORMINV NORMSDIST NORMSINV PEARSON PERCENTILE PERCENTRANK PERMUT POISSON PROB QUARTILE RANK RSQ SKEW SLOPE SMALL STANDARDIZE STDEV STDEVA STDEVP STDEVPA STEYX TREND TRIMMEAN VAR VARA VARP VARPA WEIBULL ZTEST

WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索


TRIMMEAN :
構文機能
TRIMMEAN(データ, アルファ;排除するデータの割合) 中間項平均値;データのアルファ値(引数;限界データの割合/排除するデータの割合)を考慮せずに平均値を返す; 排除するデータの割合は0以上1未満(小数点は切り捨て)
サンプル :

2010/11/03


MAX :
構文機能
MAX(number_1, number_2, ... number_30) 引数(30まで)または範囲内の数値の最大値を返す
サンプル :
* T2:T7範囲の数値の最大値と最小値の取得とその差

2010/12/05


MIN :
構文機能
MIN(number_1, number_2, ... number_30) 引数(30まで)または範囲内の数値の最小値を返す
サンプル :
MAXを参照

2010/12/05


LARGE :
構文機能
LARGE(セル範囲, ランク) 最大値から数えて任意の順番の数値を返す;Rank_c(引数)で何番目かを指定
サンプル :
* A2:N2範囲をデータとしして

2010/12/05


SMALL :
構文機能
SMALL(セル範囲, ランク) 最小値から数えて任意の順番の数値を返す;Rank_c(引数)で何番目かを指定
サンプル :
LARGEを参照

2010/12/05


FREQUENCY :
構文機能
FREQUENCY(data, classes) 度数分布を計算する; 初期値が提供される→間隔数とクラス数は単一間隔で省略されている値がどのくらいあるかを調べるために使われる 引数data;カウントすべきデータは配列または参照値のセット 引数classes;分布を示すクラスのセット
サンプル :
* C3にFREQUENCY(A2:A10,C2:C6)

2011/01/29


RANK :
構文機能
RANK(値, データ範囲,タイプ(昇順/降順)) 指定された範囲の値をランク表示する; 順序の列はタイプ(オプション;0は昇順、1は降順)で指定;指定範囲は絶対参照にすること; 数値が重複している場合は順位が調整される
サンプル :

2011/02/23