×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
class CalendarApp : Members
memberType説明
createAllDayEvent CalendarEvent 新規の終日のイベントを作成する
createAllDayEvent CalendarEvent 新規のカレンダーイベントを作成する:オプション付
createAllDayEventSeries CalendarEventSeries advanced optionsを利用して新規の終日EventSeriesを作成する
createEvent CalendarEvent 新規のカレンダーイベントを作成する
createEventFromDescription CalendarEvent フリーなテキストから新規のカレンダーイベントを作成する:最も簡単なイベントの追加方法
createEventSeries EventSeries カレンダーにおいてEventSeriesを作成する
deleteCalendar このカレンダーを削除する:primary Calendarは削除できない
getColor Color このカレンダーの表示に使われているカラーを取得する
getDescription String このカレンダーの説明を取得する
getEvents CalendarEvent [ ] カレンダー内で指定期間内すべてのイベントを取得する
getEvents CalendarEvent [ ] カレンダー内で指定時間内すべてのイベントを取得する
getEvents CalendarEvent [ ] ステータスフィルタに一致するステータスの時間範囲内のすべてのイベントを取得する
getEventsForDay CalendarEvent [ ] 一日のすべてのイベントの取得
getEventsForDay CalendarEvent [ ] ステータスフィルタに一致するステータスの一日すべてのイベントを取得する
getEventSeriesById EventSeries このCalendarEventSeries id または CalendarEvent idによって判明したCalendarEventSeriesを取得する
getId String カレンダーのIDを取得する
getName String カレンダー名を取得する
getTimeZone String カレンダーのタイムゾーンを取得する
isHidden bool カレンダーの可視性を取得する
isMyPrimaryCalendar bool primary calendarかどうかをチェックする
isOwnedByMe bool カレンダーがユーザーによって所有されているかどうかをチェックする
isSelected bool カレンダーが選択されているかどうかをチェックする
setColor Calendar カレンダーのカラーを設定する
setDescription Calendar カレンダーの説明を設定する
setHidden Calendar カレンダーを非表示にする
setName Calendar カレンダーの名前を設定する
setSelected Calendar Calendar UIでカレンダーの選択(未選択)を設定する
setTimeZone Calendar カレンダーのタイムゾーンを設定する
unsubscribeFromCalendar このカレンダーからこのユーザーを退会させる
createCalendar Calendar 新規カレンダーを作成する(ユーザーはオーナー)
getAllCalendars Calendar [ ] このユーザーが登録されたすべてのカレンダーを取得する
getAllOwnedCalendars Calendar [ ] このユーザーがオーナーのすべてのカレンダーを取得する
getCalendarById Calendar 指定されたIDのカレンダーを取得する
getCalendarsByName Calendar [ ] 指定された名前のカレンダーを取得する
getDefaultCalendar Calendar デフォルトのカレンダーを開く
getOwnedCalendarById Calendar 指定されたIDでオーナーのカレンダーを開く
getOwnedCalendarsByName Calendar [ ] 指定された名前でオーナーのカレンダーを開く
newRecurrence Recurrence イベントの複雑な繰り返しルールを作成するために使用できる新しい繰り返しオブジェクトを返す
subscribeToCalendar Calendar このユーザーをこのカレンダーに登録する




廃止 2010/08/10
createEvent CalendarEvent カレンダー内に新規のイベントを作成する
openByName Calendar 指定された名前でオーナーのカレンダーを開く
openByEmailAddress Calendar 指定されたメルアドレスでオーナーのカレンダーを開く

createAllDayEvent(title, date)

  • 新規の終日のイベントを作成する
    Dateオブジェクトの日付部分だけが使用され時刻は無視される
    ( 参考 :setNamedRange, createEvent )
Arguments :
nameType説明
titleString イベントのタイトル
dateDate イベントの日付
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent 新規に作られたイベント
動作確認用サンプル :
// スプレッドシートのタイトル(A1セル)と日付(B1セル)を取得してカレンダーに終日イベントを追加
// B1セルに設定した日の一日前に追加されてしまう(タイムゾーンの関係)ので 時間調整が必要

function createAllDayEvent() {

  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getSheets()[0];
  var title = sheet.getRange("A1").getValue();

  var startDate = sheet.getRange("B1").getValue();
  var allDayEventDate = new Date(startDate.getTime() + 86400000); // 日付(時間)の調整用

  var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  cal.createAllDayEvent(title, allDayEventDate);

}

20101023


createAllDayEvent(title, date, optAdvancedArgs)

  • 新規のカレンダーイベントを作成する:オプション付
    Dateオブジェクトの日付部分だけが使用され時刻は無視される
    ( 参考 :setNamedRange, createEvent )
Arguments :
nameType説明
titleString イベントのタイトル
dateDate イベントの日付
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments* :
nameType説明
descriptionString イベントの説明
locationString イベントの場所
guestsString ゲストのメール(カンマ区切り)
sendInvitesbool ゲストにメールを送信するかどうか
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent 新規に作られたイベント
動作確認用サンプル :
//終日イベントを追加する
//調整方法を検討中です!このままでは日付が正確に指定できません。

function createEvent() {
  var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  cal.createAllDayEvent("createEvent-Test4", new Date("February 1, 2011")
                                                             , {description:"時刻設定を検証",location:'自宅'});
}

20110201


createAllDayEventSeries(title, startDate, recurrence, optAdvancedArgs)

Argument :
memberType説明
title String イベントのタイトル
startDate Date 繰り返すイベントの開始日
recurrence Recurrence 繰り返す必要のあるイベントルールの表現;CalendarApp.newRecurrence()を参照
optAdvancedArgs Object 引数が以下のセクションで定義されたJavaScriptのオブジェクトフィールド
Advanced Argument :
memberType説明
description String イベントの説明
location String イベントの場所
location String イベントに招待されたゲストのメールアドレスリスト(スプレッドシートカンマ区切り)
sendInvites Boolean falseが設定された場合招待状がゲストに送られない
戻り値 :
Type説明
CalendarEventSeries 新規に作成されたイベントシリーズ

createEvent(title, startDate, endDate, optAdvancedArgs)

  • 新規のカレンダーイベントを作成する
    カレンダーイベントを返す:作成できない場合はnullを返す
    ( 参考 :getEvents )
Argument :
memberType説明
title String 新規イベントのタイトル
startDate Date イベントの開始日と開始時刻
endDate Date イベントの終了日と終了時刻
optAdvancedArgs Object 引数が以下のセクションで定義されたJavaScriptのオブジェクトフィールド
Advanced Argument :
memberType説明
description String 新規イベントの説明
guests String イベントに招待されたゲストのメールアドレスリスト(スプレッドシートカンマ区切り)
location String イベントの場所
sendInvites bool falseが設定された場合招待状がゲストに送られない
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent イベントの情報
Googleのサンプル :
// The code below will add an event to the user's default Calendar
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
cal.createEvent("Busy", new Date("July 21, 2010 08:00:00 EST"), new Date("July 21, 2010 09:00:00 EST"), {location:'Nap room'});
動作確認用サンプル :
//デファルトのカレンダーにイベントを追加する
// ”GMT+09”の設定で時刻を調整
function createEvent() {
  var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  cal.createEvent("createEvent-Test4", new Date("February 1, 2011 20:00:00 GMT+09")
                                             , new Date("February 1, 2011 21:00:00 GMT+09")
                                                             , {description:"時刻設定を検証",location:'自宅'});
}

20110201


createEventFromDescription(description)

  • フリーなテキストから新規のカレンダーイベントを作成する:Google Calendarにイベントを簡単に追加作成
    ( 参考 :createEvent, createAllDayEvent)
Arguments :
nameType説明
descriptionString イベントについての説明(フリーなテキスト)
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent 新規に作成されたイベント
Googleのサンプル :
CalendarApp.getDefaultCalendar().createEventFromDescription("Lunch with Mary, 2PM on Feburary 2nd");
動作確認用サンプル :
// 引数の内容をカレンダーに追加
// イベントはスクリプトを実行した日として追加される(時刻が反映されている!)

function crateEvent(){
  
CalendarApp.getDefaultCalendar().createEventFromDescription("メンバーと会食, 5PM 10月31日(日)");
  
}

20101023


createEventSeries(title, startTime, endTime, recurrence, optAdvancedArgs)

  • カレンダーにおいてEventSeriesを作成する。CalendarEventSeriesを返す。イベントが作成できない場合はnullを返す。
    ( 参考 :getEvents)
Argument :
memberType説明
title String イベントのタイトル
startDate Date 繰り返すイベントの開始日
startDate Date 繰り返すイベントの終了日
recurrence Recurrence 繰り返す必要のあるイベントルールの表現;CalendarApp.newRecurrence()を参照
optAdvancedArgs Object 引数が以下のセクションで定義されたJavaScriptのオブジェクトフィールド
Advanced Argument :
memberType説明
description String イベントの説明
location String イベントの場所
location String イベントに招待されたゲストのメールアドレスリスト(スプレッドシートカンマ区切り)
sendInvites Boolean falseが設定された場合招待状がゲストに送られない
戻り値 :
Type説明
CalendarEventSeries 新規に作成されたイベントシリーズ
// The code below will add an event to the user's default Calendar that recurs every other day
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
cal.createEvent("Busy", new Date("July 21, 2010 08:00:00 EST"), 
new Date("July 21, 2010 09:00:00 EST"),
CalendarApp.newRecurrence().addDailyRule().interval(2), {location:'Nap room'});

deleteCalendar()


getColor()

  • このカレンダーの表示に使われているカラーを取得する
    ( 参考 :setColor)
戻り値 :
Type説明
color カレンダーのカラー色


getDescription()

  • このカレンダーの説明を取得する
    ( 参考 :setDescription)
戻り値 :
Type説明
String カレンダーの説明


getEvents(startDate, endDate, optStatus)

  • カレンダー内で指定期間内すべてのイベントを取得する
    CalendarEventオブジェクトの配列を返す。オブジェクトは指定した時間範囲で開始または終了の時刻を持つ。指定された時間の範囲内でイベントが発見されない場合は空の配列を返す。もしオプションのパラメーターが指定された時は、呼び出しユーザーの指定されたステータスのあるイベントだけが返される。
Arguments :
nameType説明
startDateDate 期間内の開始日時
endDateDate 期間内の終了日時
optStatusString 出席状態は{"はい"|"いいえ"|"たぶん"|"招待"|} ("Yes" | "No" | "Maybe" | "Invited")を表示
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent[ ] 指定時間内のイベント
サンプル :
// The code below will retrieve all the events for the user's default calendar and
// display the description of the first event
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
var events = cal.getEvents(new Date("July 21, 2009 EST"), new Date("July 22, 2009 EST"));
if (events[0]) {
  Browser.msgBox(events[0].getDescription());
}
// The code below will retrieve all the events for the user's default calendar, that the 
// user has accepted, and display the description of the first event
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
var events = cal.getEvents(new Date("July 21, 2009 EST"), new Date("July 22, 2009 EST"), "Yes");
if (events[0]) {
  Browser.msgBox(events[0].getDescription());
}


getEvents(startTime, endTime)

  • カレンダー内で指定時間内すべてのイベントを取得する
    ( 参考 :getEventsForDay)
Arguments :
nameType説明
startTimeDate 範囲の開始時刻を返す
endTimeDate 範囲の終了時刻を返す
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent[ ] 指定時間内のイベント


getEvents(startTime, endTime, statusFilters)

  • ステータスフィルタに一致するステータスの時間範囲内のすべてのイベントを取得する
    ( 参考 :getEventsForDay)
Arguments :
nameType説明
startDateDate 期間内の開始日時
endDateDate 期間内の終了日時
statusFiltersGuestStatus[ ] 希望するステータス
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent[ ] 今回の時間内でイベントの状態のいずれかのフィルタ値と一致する範囲
サンプル :
CalendarApp.getDefaultCalendar().getEvents(new Date("May 1, 2010"), new Date("May 7, 2010"),
					 [CalendarApp.Attendance.OWNER, CalendarApp.Attendance.YES]);


getEventsForDay(date)

  • 一日のすべてのイベントの取得
    Dateオブジェクトの日付部分だけが使用され、時刻は無視される
    ( 参考 :getEvents)
Arguments :
nameType説明
dateDate イベントのために取得する日
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent[ ] この日のイベント


getEventsForDay(date, statusFilters)

Arguments :
nameType説明
dateDate イベントのために取得する日
statusFiltersGuestStatus[ ] 希望するステータス
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent[ ] ステータスフィルター値のひとつと一致するステータスを持つ日のイベント
サンプル :
CalendarApp.getDefaultCalendar().getEventsForDay(new Date(), [CalendarApp.Attendance.OWNER, CalendarApp.Attendance.YES]);


getEventSeriesById(id)

Arguments :
nameType説明
idString CalendarEventSeriesまたはCalendarEventのID
戻り値 :
Type説明
CalendarEventSeries 要求されたIDに合致するイベントシリーズ
// The code below will retrieve the user's default calendar, get the
// CalendarEventSerieswith the specified id, and then change
// the title of the CalendarEventSeries. The event series id can
// be found by calling .getId() on a CalendarEvent or CalendarEventSeries.
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
var eventSeries = cal.getEventSeriesById('pau9kdm9rttu6abcps8hcq5vgo@google.com');
eventSeries.setTitle("A new title");


getId()

戻り値 :
Type説明
String カレンダーのID


getName()

戻り値 :
Type説明
String カレンダーの名前


getTimeZone()

戻り値 :
Type説明
String カレンダーのタイムゾーン(地理的時間帯)
動作確認用サンプル :
// デフォルトのカレンダーのタイムゾーンを取得する
// カレンダー設定のタイムゾーンの切り替えで確認

function getTimeZone(){
  
  var zone = CalendarApp.getTimeZone() ;
  Browser.msgBox(zone);

}

20101027


isHidden()

戻り値 :
Type説明
bool trueならばカレンダーが非表示


isMyPrimaryCalendar()

戻り値 :
Type説明
bool trueならばPrimaryCalendar


isOwnedByMe()

戻り値 :
Type説明
bool trueならばユーザーによって所有されている


isSelected()

戻り値 :
Type説明
bool trueならば選択されている


setColor()

Arguments :
nameType説明
colorColor カレンダーの新しい表示色
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す


setDescription(description)

Arguments :
nameType説明
descriptionString カレンダーの新規説明
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す


setHidden(hidden)

Arguments :
nameType説明
hiddenbool UIのカレンダーを非表示にするかどうか
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す


setName(name)

Arguments :
nameType説明
nameString カレンダーの新規名前
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す


setSelected(selected)

Arguments :
nameType説明
selectedbool UIのカレンダーを選択するかどうか
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す


setTimeZone()

戻り値 :
Type説明
Calendar 連結のためのカレンダーを返す
動作確認用サンプル :
// デフォルトのカレンダーのタイムゾーンを設定する:サンプルはハワイ時刻
// TimeZoneの表記方法はカレンダー設定のタイムゾーンリストに従う

function setTimeZone(){
   CalendarApp.setTimeZone("GMT-10:00") ;
}

20101027


unsubscribeFromCalendar()


createEvent(title, description, recipients, location, startTime, endTime, sendInvites) - 廃止

Arguments :
nameType説明
titleString イベントのタイトル
descriptionString イベントの説明
recipientsString ゲストのメール(カンマ区切り)
locationString イベントの場所
startTimeDate イベントの開始時刻
endTimeDate イベントの終了時刻
sendInvitesbool 招待状を送信するかどうか
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent 新規に作成されたイベント

createCalendar(name, optAdvancedArgs)

Arguments :
nameType説明
nameString 新規カレンダーの名前
optAdvancedArgsObject 未定義
Advanced Arguments* :
nameType説明
locationString カレンダーの地理的位置
summaryString カレンダーの概略
timeZoneString 長い形式のタイムゾーン
colorString calendar UIのためのカラー表示
hiddenbool UIでカレンダーを非表示にするかどうか
selectedbool UIでカレンダーを選択されるかどうか
戻り値 :
Type説明
Calendar 新規に作られたカレンダー

動作確認用サンプル :
// 実行可能なカレンダーはオーナーのデフォルトカレンダーであること
// 動作不安定なことも

function createCalendar() {
  var advancedArgs = {location:"ホノルル", summary:"Time Zone設定のためのテスト", TimeZone:"GMT-10:00" ,hidden:"false"};
  var cal = CalendarApp.createCalendar("*******", advancedArgs);
}

20101027


getAllCalendars()

戻り値 :
Type説明
Calendar[ ] すべてのカレンダーの配列


getAllOwnedCalendars()

戻り値 :
Type説明
Calendar[ ] 所有されているカレンダーすべての配列


getAllOwnedCalendars()

戻り値 :
Type説明
Calendar[ ] 所有されているカレンダーすべての配列


getCalendarById(id)

Arguments :
nameType説明
idString カレンダーのID
戻り値 :
Type説明
Calendar 指定されたIDのカレンダー


getCalendarsByName(name)

Arguments :
nameType説明
nameString 複数カレンダーの名前
戻り値 :
Type説明
Calendar 指定された名前の複数のカレンダー


getDefaultCalendar()

戻り値 :
Type説明
Calendar デフォルトのカレンダー
サンプル :
// The code below will add an event to the user's default Calendar
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
cal.createEvent("Busy", new Date("July 21, 2009 08:00:00 EST"), new Date("July 21, 2009 09:00:00 EST"),
											 {location:'Nap room'});


getOwnedCalendarById(id)

Arguments :
nameType説明
idString カレンダーのID
戻り値 :
Type説明
Calendar 要求されたカレンダー


getOwnedCalendarsByName(name)

Arguments :
nameType説明
nameString カレンダーの名前
戻り値 :
Type説明
Calendar[ ] 指定された名前で所有されたカレンダー


newRecurrence()

戻り値 :
Type説明
Recurrence ルールを持たない新規の繰り返しオブジェクト。 このオブジェクトを使って追加ルールを追加せずにEventSeriesを作成すると毎週の繰り返しになる。
// The code below will add an event to the user's default Calendar that recurs every other day
var cal = CalendarApp.getDefaultCalendar();
cal.createEvent("Busy", new Date("July 21, 2010 08:00:00 EST"),
 new Date("July 21, 2010 09:00:00 EST"),
 CalendarApp.newRecurrence().addDailyRule().interval(2), {location:'Nap room'});


subscribeToCalendar(id)

Arguments :
nameType説明
idString カレンダーのID
戻り値 :
Type説明
Calendar 連結するカレンダー


createEvent(title, description, recipients, location, startTime, endTime, sendInvites) 廃止-2010/08/10

Arguments :
nameType説明
titleString イベントのタイトル
descriptionString イベントの説明
recipientsString ゲストのメールアドレス(カンマ区切り)
locationString イベントの場所
startTimeDate イベントの開始時刻
endTimeDate イベントの終了時刻
sendInvitesbool 招待状を送信するかどうか
戻り値 :
Type説明
CalendarEvent 新規のカレンダーイベント


openByName(name) 廃止-2010/08/10

Arguments :
nameType説明
nameString カレンダーの名前
戻り値 :
Type説明
Calendar 要求されたカレンダー


openByEmailAddress(email) 廃止-2010/08/10

Arguments :
nameType説明
emailString カレンダーのID
戻り値 :
Type説明
Calendar 要求されたカレンダー