×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Googleを追いかけろ!

.

参照ページ(Goolge)


WWW を検索 Googleを追いかけろ! を検索
このクラスを利用すると特定のキャッシュイ・ンスタンスを取得することができます。公開キャッシュは、スクリプトへのアクセスを使用しているユーザーに依存しないものです。 プライベートキャッシュは、ユーザー固有のものです。設定や最近のアクティビティなどです。

class CacheService : Members
memberType説明
getPrivateCacheCacheスクリプトのためにプライベートキャッシュ・インスタンスを作成する
getPublicCacheCacheスクリプトのためにパブリックキャッシュ・インスタンスを作成する



getPrivateCache()

  • スクリプトのためにプライベートキャッシュ・インスタンスを作成する
    プライベートキャッシュは、カレントなアクティブ・ユーザやスクリプトに於いてプライベートです。 これらは、そのユーザー固有の情報を格納するために使用することができます。
var cache = CacheService.getPrivateCache()

戻り値 :
Type説明
Cache キャッシュ・オブジェクト
サンプル :
// Gets a cache that is private to the current user
var cache = CacheService.getPrivateCache();

getPublicCache()

  • スクリプトのためにパブリックキャッシュ・インスタンスを作成する
    公開キャッシュは、スクリプトのすべてのユーザに共通です。カレント・ユーザーに特定されない情報を格納するために使用します。
戻り値 :
Type説明
Cache キャッシュ・オブジェクト
サンプル :
// Gets a cache that is common to all users of the script
var cache = CacheService.getPublicCache();